スポーツVOD動画配信サービスの奨め

Sports BigAir

DAZN F1 スカパー モータースポーツ

ルノーダニエルリカルドがホンダから移籍した本当の理由やグランプリ動画の無料視聴方法

 

ダニエル・リカルドのF1での活躍は勿論ですが、wiki情報や年俸に、レースにおけるダニエル・リカルドの評価・評判なども気になるところです。

 

本記事ではダニエル・リカルドの年俸やレースの評価・評判に加え、2019年出場グランプリのレースを解説していきます!

 

ダニエル・リカルド wiki情報

名前:ダニエル・ジョセフ・リカルド(Daniel Joseph Ricciardo)
国籍:オーストラリア
生年月日:1989年7月1日
所属チーム: ルノーF1チーム
所属年数:2年目
F1デビュー戦:2011年イギリスGP
F1初勝利:2014年カナダGP
F1デビューチーム:HRT F1チーム
F1優勝回数:7回
2019年順位:9位(54ポイント)
過去の経歴:2007年フォーミラ・ルノーのユーロカップ・イタリアと2つの選手権に参加。2009年イギリスF3に参戦。2010年ワールドシリーズ・バイ・ルノーに参戦
2019年推定年俸:約37億2000万円

 

 

ダニエル・リカルドは9歳でカートを始め、数多くのイベントに出場して実践を積みました。2005年、西オーストラリア・フォーミラ・フォード選手権に参戦し総合8位になります。

 

2006年はEurasia Motorsportチームからフォーミラ・BMW・アジア選手権に参加できるスカラシップを獲得し、2勝と1ポールポジションを挙げ、総合3位でデビューシーズンを終えました。

 

2008年よりレッドブル・ジュニアチームに加わり、フォーミュラ・ルノーのユーロカップおよびウエスト・ヨーロッパ・カップに参戦。後者シリーズの初代王者に。

 

2009年イギリスF3に参戦し、6勝して2位に87ポイントの大差をつけてチャンピオンとなります。オーストラリア人が同選手権を制するのは1989年のデビッド・ブラバム以来でした。

 

2010年はテック1レーシングよりワールドシリーズ・バイ・ルノーに参戦し、4勝しましたが2ポイント差でランキング2位となります。

 

そして2011年トロロッソのリザーブドライバーとなり、各グランプリに金曜フリー走行1回目に出走しましたが、イギリスGPからはHRT F1チームのシートを得て第9戦イギリスGPよりF1デビューしました。

 

2012年はトロロッソのレギュラードライバーとして参戦。2013年もトロロッソに残留となり、同チームからの参戦が決定します。

 

2014年よりマーク・ウェバーの引退に伴いレッドブルへの昇格が決定し、2018年までレッドブルに在籍。2018年第6戦モナコGPで自身初のポールトゥウィンを達成しました。

 

そして、気になるダニエル・リカルドの2019年の年俸は約37億2000万円と言われています。正直、ビックリするほど高額です!

 

リカルドは2018年のレッドブル在籍時の推定年俸が6億6000万円で、2019年と比べると格段の差が見て取れますね。才能があるドライバーだと思うので、2018年の金額では少し少なかった気もします。

 

 

ダニエル・リカルドがホンダから移籍した本当の理由

 

 

リカルドは2014年から2018年までレッドブルに在籍していましたが、2019年ルノーへと電撃移籍をしました。

 

彼の移籍にはいろいろな憶測を呼びましたね。理由として挙げられたのは1つにレースエンジニアの“異動”、他にも金銭面での待遇差、チームメイトのマックス・フェルスタッペンを優遇する体制などです。

 

これらの憶測を彼は否定します。そしてルノーへの移籍後、移籍した理由を改めて説明しました。それは、ホンダのパワーユニットを使うことではレッドブルが進歩できるとは信じられなかったと語ります。

 

リカルドはレッドブルがホンダのPUを手にしたことにより、強くなるとは確信できなかったんですね。

 

レッドブルとルノーに残ることを考えた時に、レッドブルに残ることの方がリスクがあるように感じたとも語っています。

 

そしてテニスに例えて、「ラケットのせいでゲームに負けるなんていうことはほとんどないからね。彼らは自身のその日のパフォーマンスで、相手を倒すことができる。レーシングカーとは違う」とも発言し、そんな状況をさらに続けることは避け、環境を変えることが必要だったということでした。

 

確かに彼は、優勝したモナコGPなども含め2018年はリカルド側にトラブルが多発、ポールポジションを獲得したメキシコGPでもマシントラブルによりリタイアとなり、レース後に「僕のクルマは呪われている」「日曜に来る意味を見出せないし、あと2戦走っても仕方ないんじゃないかとすら思う」と言っていた程です。

 

リカルドにとって、レッドブルではモチベーションが持てなかったのかもしれません。チームメイトのフェルスタッペンと同じエンジンを積んでいて、自身だけにトラブルが続いていたら環境を変えたくなる気持ちも分からなくはないですね。

 

彼はとても才能のあるドライバーだと思うので、ルノーでもぜひ力を発揮してもらいたいです!

 

 

ダニエル・リカルドの恋人が美人

 

 

2018年リカルドに、熱愛報道がありました♪

 

リカルドは2016年に8年間交際していた同級生と破局してからは、浮いた話は出てきませんでした。そんなリカルドに新たな恋人が浮上したのです。

 

2018年のモナコGPの後にレッドブルの社員と新恋人として報じられましたが、交際までには発展しませんでした。

 

そんな中で浮上したのが、同じオーストラリア出身のモデル、ジェシカ・ゴメスです。

 

ジェシカ・ゴメス wiki情報

名前:ジェシカ・ゴメス
国籍:オーストラリア
生年月日:1984年9月25日
身長:177㎝

 

 

リカルドより5歳年上のジェシカ・ゴメスは、ポルトガル人の父と中国人の母を持ち、週刊誌『スポーツ・イラストレイテッド』の水着モデルを務めるなど、世界的に活躍しています。

 

ですが、この熱愛報道があったのは2018年12月で、今現在(2020年)最近の情報がないので、現在どういう状況なのかはわかりませんでした。続いている、もしくは結婚などの明るい情報が入ってくると良いですね!

 

 

ダニエル・リカルド装着のヘルメットやグッズ

 

こちらが、2019年のリカルドのヘルメットです。

 

すっごく個性的なヘルメットです。そして”かわいい”ヘルメットだなと思いました。真っ先に浮かんだのは、有名なアイスクリーム屋さんのアイス。美味しそうですね(笑)。

 

こんなに明るいイメージなのに、実はこのヘルメットにはメッセージが込められていました。上の画像に『Stop Being Them(彼らのようになるな)』と書かれています。

 

これは、元所属チームであるレッドブル・レーシングに向けられたものだと言われていますね。彼はレッドブルを離れた理由を“愛が感じられなかった”ためだとも語っていました。

 

ですが、リカルドは前チームに向けたものではなく、単純に自分を奮い立たせ、刺激を与えるためのモットーだと説明しました。「とにかくルノーで自分のやりたいことを何でもできる自由を得て、それなら何かクレイジーで違ったことをしてみようかと考えただけだ」とも語っています。

 

真相の真相は分かりませんが、彼の持ち前の明るさゆえの行動として受け入れられるのではないでしょうか。

 

 

ダニエル・リカルドのツイッターでのレースの評価・評判

 

さて、ダニエル・リカルドの活躍はさることながら、F1視聴者やF1ファンは彼のレースをどのように評価しているのかピックアップしてみたいと思います。

 

 

どのドライバーもそうですが、移籍をした後は前にいたチームをマイナスな意見で言ってほしくはないと思います。

 

特に普段明るくて、いつも笑顔の多いリカルドだからこそなおさらですね。

 

 

https://twitter.com/mKWqLMgdumweRFa/status/1092409724903948288

 

チームは変われど、リカルドの笑顔は健在です!ファンの方もそうでない方も、この笑顔にこちらもつい笑顔になってしまいそうですね(笑)。

 

 

 

これは2018年、マシンのパワーユニットトラブルのため日本GP予選をQ2で脱落してしまいました。

 

いつも喜びを全身で表すリカルドですが、悔しさも全身で表現しています。いつもの笑顔からは想像できません。

 

 

 

この2018年のモナコGPで初のポールトゥウィンを獲った時ですね。

 

レース中にパワーユニットの一部であるMGU-Kにトラブルが発生し、運動回生エネルギーがまったく機能しなくなっていての優勝だというのですから驚きです。まさに「神ドライブ」ですね!

 

 

 

この「シューイ」というのは、自分または他人の履いていた靴を器にしてお酒を飲む行為の事です。オーストラリアで人気のある儀式だとのこと。

 

勝って祝いの場でやるようなので、考え方によっては盛り上がるのかもしれませんね。個人的には絶対に嫌だと思いました(苦笑)

 

 

ダニエル・リカルド出場の2019年のグランプリレース動画を解説

 

ダニエルリカルドが過去に出場したグランプリレースの内、3つのグランプリをピックアップし解説いたします。かなり痺れる走行を見せてくれています!

 

メキシコGP:2018年10月28日開催

 

 

こちらは2018年なのですが、第19戦メキシコGP公式予選(27日)でのマックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドのQ3最速ラップのオンボード映像です。

 

0.026秒というごく僅かの差でチームメイトのリカルドがポールポジションを得ます。

 

勝敗を決めたのはロングストレートへと続くターン16。リカルドはフェルスタッペンよりも先にスロットルを開く事に成功し、その後に続く最終ターン17で一気にチームメイトの前へと躍り出ました。

 

決勝の結果としては、リカルドは2位走行中にパワーユニットのトラブルでリタイヤし、フェルスタッペンが優勝でした。

 

素人目に観て、同じ線を辿っているように見えちゃいますね。”1000分の○○秒”の凄さが分かる映像だと思います。

 

 

フランスGP:2019年6月23日開催

 

 

こちらは、第8戦フランスGP決勝レースの模様を収めた6分18秒のハイライト動画です。結果はメルセデスのルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウインを達成する圧勝のレースでした。

 

レースの中でリカルドは19周目にレッドブル・ホンダのピエール・ガスリーを豪快にオーバーテイクをしています。

 

そしてこのレースの最大の注目ポイントはファイナルラップで起こりました。7位を懸けたバトルの最中、リカルドがミストラル・ストレートでマクラーレンのランド・ノリスにアウト側から仕掛けます

 

ですがシケインでコースオフ。コースに戻った際にノリスとのニアミスをし、この間にライコネンが二人をオーバーテイクしました。

 

リカルドは即座にアルファロメオの背後に周り、スリップストリームを得て加速しますが、追い抜く際に再びコース外へ。

 

トラック上での勝負を制したリカルドは7位でチェッカーを受けるも、この2回の動きに対して物言いが付きました。審議の結果ペナルティを受け、結果11位でした。

 

 

モナコGP:2019年5月27日開催

 

 

こちらも2018年の映像ですが、第6戦モナコGP決勝レースです。

 

結果はリカルドのポール・トゥ・ウインで、ERSが消失した手負いのマシンを最後まで走らせ、悲願のモナコウィナーに輝きました。

 

このERSが消失した状態での困難な走行を、レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表によればその状況は、「'94年のスペインGPのミハエル・シューマッハのようだった」というほど厳しいものだったと言います。

 

94年のスペインGPで、2位のシューマッハがレース途中からギアが5速に入ったまま動かなくなるというトラブルを抱えながら、2位を獲得しました。

 

シューマッハは、2速や3速を使用する低速コーナーではエンジン回転数が落ちないようアクセルを吹かしながら、かつエンジンがストールしないように細心の注意と工夫を行なって走行。さらに5速だけでピットストップもこなしたのです。

 

歴代最多勝の記録を持つシューマッハも、「勝てなかったが、ベストレースのひとつ」に挙げているほどでした。

 

そして、伝統のモナコGPの優勝は、ドライバーの中でも特別なものだと言われています。そんな中での優勝は更に特別なものになったのではないでしょうか。

 

 

F1GP2020予選から決勝まで視聴できる動画配信サービス比較!DAZNが最もお得!

 

結論

  • F1予選から決勝の全レースを視聴できる動画配信サービスはDAZN、フジテレビNEXT、スカチャンの3つです!
  • 最もお得な動画配信サービスはDAZNです!DAZNは、全GPのフリー走行、予選、決勝を月額1,750円で視聴可能!
  • F1以外のJリーグ、海外サッカー、野球、MLB、ラグビー、テニス等、人気スポーツの配信種類が豊富!しかも追加費用なし!
  • スポーツオフシーズンは契約の一時停止が可能!オンシーズンに契約を再開できるのはDAZNだけ!
  • ということで、コスパが圧倒的に高く、契約の融通が効くというのがDAZNを最もオススメする理由です。
  • フジテレビNEXT、スカチャンの2つは、高画質の大画面テレビやレコーダーで録画したい場合に契約を検討しましょう!

 

以下は予選から決勝までの全レースを視聴できるDAZN、フジテレビNEXT、スカチャンの比較表になります!

 

項目名
特徴・予選から決勝まで全レース全グランプリを視聴可能
・F1、F2、F3が視聴可能なのはDAZNだけ!
・マルチアングルで視聴可能
・予選から決勝まで全レース全グランプリ視聴可能
・録画可能
・予選から決勝まで全レース全グランプリを視聴可能
・4K高画質視聴可能
・録画可能
・予選から決勝まで全レース全グランプリ視聴可能
・フジテレビONE/TWO/NEXTが見放題!
・録画可能
料金プラン月額¥1,750
*DAZN for docomo ¥980
月額¥1,769
(基本料¥429+フジテレビNEXT¥1,320)
月額¥1,969
(基本料¥429+スカチャン2 4K ¥1,540)
月額¥2,079
(基本料¥429+フジテレビONE/TWO/NEXT¥1,650)
前提条件モバイル or Wi-Fi or 光インターネットいずれかの契約が必要・BSCSがTVで映ること
・アンテナ設置工事 or 光インターネット契約が必要
・BSCSがTVで映ること
・アンテナ設置工事 or 光インターネット契約が必要
・BSCSがTVで映ること
・アンテナ設置工事 or 光インターネット契約が必要
リアルタイム配信ありありありあり
見逃し配信ありなしなしなし
動画ダウンロード不可不可不可可能
*対象外の作品も有り
アカウント共有6台まで登録可
*共有は原則NG
5台まで登録可
*5台以上の場合、視聴履歴の削除が必要
5台まで登録可
*5台以上の場合、視聴履歴の削除が必要
5台まで登録可
*5台以上の場合、新たにWebIDの発行が必要
同時視聴可能(同時2台迄)不可不可可能
クレジットカード使用可使用可使用可使用可

 

それでは、なぜ DAZNが最も優れているのか? その理由を説明していきたいと思います!

 

DAZN:予選から決勝まで全グランプリライブ中継

 

 

DAZNとは......

年間130以上のスポーツコンテンツが年間10000試合以上、見放題!
UEFAチャンピオンズリーグ独占、明治安田生命Jリーグ全試合、プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、プロ野球 (NPB)、MLB、F1 TM、女子テニス WTA、Vリーグ、NFL、その他多数のスポーツを世界中に配信します!

 

DAZNを最もお薦めする理由

 

結論

  • F1の全レースを予選から全て配信している動画配信サービスの中で最もコスパが高いからです!しかもF1、F2、F3の配信までカバーしています!

 

DAZNで視聴可能なF1コンテンツ

 

予選から全てのレースを配信していて、F1、F2、F3の配信もできる動画配信サービスはDAZNだけです!以下のF1全レースを視聴可能です!

 

F1グランプリ2020当初の開催スケジュール(赤い字は変更点)

日程(開催地)グランプリ名開催地
3月15日中止オーストラリアメルボルン
3月22日延期バーレーンサクヒール
4月5日延期ベトナムハイノ*
4月19日延期中国上海
5月3日中止オランダザントフールド*
5月10日8月16日スペインバルセロナ
5月24日中止モナコモンテカルロ
6月7日中止アゼルバイジャンバクー
6月14日中止カナダモントリオール
6月28日中止フランスル・キャステレ
7月 5日オーストリアシュビールベルグ
7月19日8月2日イギリスシルバーストン
8月 2日7月19日ハンガリーブダべスト
8月30日ベルギースバ・フランコルシャン
9月 6日イタリアモンツァ
9月20日中止シンガポールマリーナベイ
9月27日ロシアソチ
10月11日中止日本鈴鹿
10月25日中止アメリカオースティン
11月 1日中止メキシコメキシコシティ
11月15日中止ブラジルサンバウロ
11月29日未定アブダビヤスマリーナ

(*サーキットの公認が必要)

 

現時点の開催予定グランプリ 
Rd.グランプリサーキット都市決勝日
1オーストリアGPレッドブル・リンクシュピールベルク7月5日
2シュタイアーマルクGP7月12日
3ハンガリーGPハンガロリンクブダペスト7月19日
4イギリスGPシルバーストン・サーキットノーサンプトンシャー8月2日
570周年記念GP8月9日
6スペインGPカタロニア・サーキットバルセロナ8月16日
7ベルギーGPスパ・フランコルシャンスパ8月30日
8イタリアGPモンツァ・サーキットモンツァ9月6日
9トスカーナGPムジェロ・サーキットスカルペリーア・エ・サン・ピエロ9月13日
10ロシアGPソチ・オートドロームソチ9月27日
11アイフェルGPニュルブルクリンクニュルブルク10月11日
12ポルトガルGPポルティマオ・サーキットポルティマオ10月25日
13エミリア・ロマーニャGPイモラ・サーキットイモラ11月1日

 

追記:F1グランプリ2020は大幅なスケジュール変更が強いられることとなり、日本GPなどが中止と発表されました。新しい情報が入り次第、随時更新いたします。

 

なお、開催予定である13戦は、いずれもDAZNで配信予定です!(2020年8月7日)

 

ノボくん
F1の年間全レースを視聴可能のようですね!とにかく素晴らしい!

 

DAZN料金体系+無料特典

 

DAZNの料金体系は、通常料金とドコモ利用者(DAZN for docomo)の2つの料金体系になります。ドコモユーザの場合、月額が980円とかなり割安になるようですね!

 

DAZNDAZN for docomo
月額¥1,750月額¥980

 

また、DAZN には登録後1ヶ月間無料で利用できるトライアル期間がありますので、契約から1ヶ月以内に解約した場合でも、費用は一切かかかることはありません!まずは契約して試してみることができるのもDAZN のメリットの一つです!

 

DAZN for docomoの詳細は
こちらで解説しております↓


 

DAZNで視聴可能なF1のレースや、どんな方にDAZNがオススメなのかが理解できたところで、早速、DAZNのオススメポイントをご紹介していきます!

 

DAZNの特徴

 

〇:視聴可、×:視聴不可

DAZNの特徴
F1コンテンツ全グランプリ予選から決勝まで全レースをライブ中継
F1 2019 総集編
F1名選手ドキュメンタリー
独自機能F1をマルチアングルで視聴可能
シーズンオフの契約一時停止が可能
無料期間1ヶ月無料トライアル可能
月額料金(税抜)1,750円
視聴環境スマホ、タブレット、パソコン、テレビ
公式サイトDAZN公式サイト

 

特に以下のメリットは、他の動画配信サービスと差別化できる超オススメポイントです!

 


・圧倒的なスポーツ種類数で試合フル動画を視聴可能!

・見逃し配信やハイライト動画で満足行くまで目当ての動画を視聴可能!(1週間視聴が有効)

・1アカウントをマルチデバイス共有可能で家族で楽しめる!

 

DAZNのオススメポイントはスポーツ動画配信サービスの中でも随一を誇ります!早速試してみる価値はあると思いますよ!是非、1ヶ月間の無料トライアルを楽しまれてみてはいかがでしょうか?

 

DAZN詳細はこちら

DAZN公式サイト

※1ヶ月無料トライアル可能!

 

 

スカパー!フジテレビNEXT:テレビレコーダーで録画可能

スカパー!とは......

合計11ジャンルの50チャンネルからなる衛星通信を介して放送される有料コンテンツです!

配信ジャンル.......映画、スポーツ、総合エンタメ、海外ドラマ(バラエティ、韓流)、国内(ドラマ、バラエティ、舞台)、アニメ、ドキュメンタリー、ニュース、趣味・娯楽、教育

 

スカパー!の提供チャンネルの中から、F1により強く、スポーツや音楽のライブ配信に力を入れているチャンネルとしてフジテレビNEXTはなかなかおすすめです!

 

フジテレビNEXTの特徴

 

まずは、フジテレビNEXTの特徴を見てみましょう!ご覧の通りF1GP2020の全レースを視聴可能です。

 

〇:視聴可、×:視聴不可

フジテレビNEXTの特徴
F1コンテンツ全グランプリ予選から決勝まで全レースをライブ中継
F1GPニュースインターネットライブ配信
独自機能レコーダー録画可能
オンデマンドアプリを無料利用可能
無料期間加入月(最低利用期間有り)
月額料金(税抜)2,079円(基本料金429円+フジテレビONE・TWO・NEXT:1,890円)
視聴環境スマホ、タブレット、パソコン、テレビ
公式サイトフジテレビONE・TWO・NEXT

 

フジテレビNEXTの料金体系と無料特典

 

フジテレビNEXTを視聴する場合、申し込み月は加入料、基本料、視聴料は無料で視聴できます!翌月以降は以下の視聴料金で楽しむことができます!

 

・基本料429円(税込)+ 視聴料1,590円(税込)

 

スカパー!は加入月は無料になるため、スカパー!を契約する場合はフジテレビNEXTを視聴する方法がオススメです!

 

さてさて、フジテレビNEXTのオススメポイントをご紹介しましたが、他動画配信サービスよりもフジテレビNEXTが優れている点は以下になります。

 


・視聴したい番組をテレビと連携させることで録画が可能!

・圧倒的な種類の番組チャンネル数を誇り選択肢が豊富!

・基本使用料429円からなのでスモールスタートが可能!

 

スカパー!フジテレビNEXTの詳細はこちら

スカパー!公式サイト

※契約初月は無料

スカパー!スカチャン2 4K:4K高画質でGP動画視聴と録画可能

 

 

スカチャン2 4Kの特徴

 

まずは、スカチャン2 4Kの特徴を見てみましょう!ご覧の通りF1GP2020のフリー走行から全レースのライブ中継を視聴可能です。

 

〇:視聴可、×:視聴不可

スカチャン2 4Kの特徴
F1コンテンツ各GPフリー走行
各GP公式予選と決勝
独自機能レコーダーで録画可能
4K高画質動画を視聴可能
無料期間加入月(最低利用期間有り)
月額料金(税抜)2,079円(基本料金429円+フジテレビONE・TWO・NEXT:1,890円)
視聴環境スマホ、タブレット、パソコン、テレビ
公式サイトスカチャン2 4K

 

スカチャン2 4Kで配信している動画では、大会のライブ中継動画を4Kで視聴することができます!レースを見逃した方向けへの再放送も放送されています。

 

従来のフルハイビジョンの4倍の画素数で、よりキメ細かな超高精細映像を楽しめます!大画面の4K対応テレビを通して見ることで、あたかもその場にいるかのような臨場感をお届けします。

 

F1フリー走行から決勝まで全戦全セッションを、スカパー! 4Kチャンネル「スカチャン2 4K」で生中継します!

 

スカチャン2 4Kの料金体系と無料特典

 

スカチャン2 4Kを視聴する場合、申し込み月は加入料、基本料、視聴料は無料で視聴できます!翌月以降は以下の視聴料金で楽しむことができます!

 

・基本料429円(税込)+ 視聴料1,540円(税込)

 

スカパー!は加入月は無料になるため、スカパー!を契約する場合はスカチャン2 4Kを視聴する方法がオススメです!

 


・視聴したい番組をテレビと連携させることで録画が可能!

・4K高画質動画でF1グランプリ動画を視聴可能!

・基本使用料429円からなのでスモールスタートが可能!

 

スカパー!スカチャン2 4Kの詳細はこちら

スカパー!公式サイト

※契約初月は無料

 

 

ここまで、F1グランプリ2020のライブ中継やオンデマンド配信サービスを堪能できる3つの動画配信サービスをご紹介しました。是非あなたにとってお得な動画配信サービスを選択してみてはいかがでしょうか。

 

 

本日のまとめ

 

今回は、ダニエル・リカルドについてご紹介しました。

 

リカルドの画像を見ると、ほとんどが笑顔でまた感情表現がとても正直で、彼が皆に愛される理由が分かるような気がします。

 

そしてとても才能があるドライバーだと思いますが、一方でリカルドの力を発揮できる環境が、まだ完璧ではないのかなとも感じました。

 

2020年、ルノーで活躍するリカルドに期待です!

 

DAZN詳細はこちらから

DAZN公式サイト

※1ヶ月間無料トライアル可能

 

-DAZN, F1, スカパー, モータースポーツ

Copyright© Sports BigAir , 2020 All Rights Reserved.