NBA RAKUTEN NBA バスケット

NBAジョンウォールのアディダスシューズやスピードがやばい!試合ライブ中継動画や見逃し配信の無料視聴方法

 

NBA選手名のプレイの評価・評判やプレイ動画を視聴したい方向け!

 

本記事では、NBAで活躍する選手名の話題やプレイの評価・評判やNBAの試合動画をいつでもどこでも視聴する方法についてご紹介します!

 

ジョン・ウォール wiki情報

名前:ジョン・ウォール(Johnathan Hildred Wall, Jr.)
生年月日:1990年9月6日
出身:アメリカ合衆国ノースカロライナ州
ドラフト:2010年全体1位(ワシントン・ウィザーズ)
経歴:ワシントン・ウィザーズ(2010-現在)
背番号:2
身長:193センチ
体重:88キロ
年俸:$38,199,000(約38億2000万円)

 

 

 

NBAナンバー1のスピードを持つといわれるジョン・ウォールは、八村塁選手も所属するワシントン・ウィザーズのスター選手として活躍しています。

現在はアキレス腱断裂からの復帰を目指しており、ファンとしては八村選手と一緒にプレイしている姿を早く見たいです。

 

アディダスのジョン・ウォール2がやばいかっこいい

 

ジョン・ウォールは、NBA選手の中でもアディダスと契約していることでも有名な選手です。ここでは、ジョン・ウォールのバッシュの中でも特に人気があるAdidas Wall 2を紹介します。

 

ジョン・ウォールがAdidasに移籍したのは2013年のことで、Adidasに移籍する前はReebokと契約しておりました。Reebokと契約していたNBA選手といえば、ウォールと同じガードながら1996年のNBAドラフトで一位指名されたアレン・アイバーソンが有名です。

 

ウォールもそんな名ガードと同じくReebokと契約していたのですが、Adidasに移籍しました。Adidas移籍後に自分のシリーズをリリースし、第二弾となったこのAdidas Wall 2が特に人気を博しました。

 

https://item.rakuten.co.jp/troishomme/d69778/

 

一時Adidasから離れどことも契約していない期間がありましたが、2018年1月にAdidasと再度5年契約を結びAdidasに復帰しました。新たなシリーズの販売も大きな楽しみですね。

 

ジョン・ウォールの輝かしい記録

 

ジョン・ウォールの個人記録は以下となります。

 

オールスターゲーム出場:5回
オールNBA3rdチーム選出:1回(2016-17シーズン)
オールNBAディフェンシブ2ndチーム選出:1回(2014-15シーズン)
NBAオールルーキー1stチーム選出(2010-2011シーズン)
NBAルーキーチャレンジMVP受賞(2010-2011シーズン)
NBAスラムダンクコンテスト優勝(2013-2014シーズン)

 

シーズンスタッツでの個人賞受賞歴がないことに驚きです。振り返ってみると、アシスト王は2位が3回、3位が1回といずれもギリギリのところで受賞を逃しています。

 

まだ29歳と若いので、個人タイトル獲得も狙ってほしいですね。

 

ジョン・ウォールのユニフォームレプリカやバッシュにグッズ紹介

 

ジョン・ウォールのNBA内での人気は勿論ですが、ジョン・ウォールがプレイするチームユニフォームのレプリカやバッシュも人気です!彼らのグッズも合わせて紹介します!

 

https://www.nbastore.jp/stores/nba/ja/product/washington-wizards-nike-city-edition-swingman-jersey----john-wall---mens/283888?categories=shop-by-team%2Ceastern%2Cwashington-wizards%2Cjerseys-%26-shorts

 

こちらは、ジョン・ウォールのユニフォームとなります。2019-20シーズンにリリースされたシティ・エディション版のユニフォームなので、最新のアイテムを入手することができます!

 

ジョン・ウォールファンにとっては、コレクションしたい一品ですね。

 

https://item.rakuten.co.jp/kumasupo/d70028/

 

こちらは上でも触れたジョン・ウォールシリーズの人気バッシュ、Adidas Wall 2からの一足となっています。

 

ジョン・ウォールのバッシュシリーズが好きな方や単にバスケがしたくてバッシュが欲しい方、またはただコレクションしたい方までオススメです。

 

https://item.rakuten.co.jp/active-store/ad0821u9az3awatnjx/

 

こちらはウォールの名前と背番号が入ったT-Shirtになります。ユニフォームなどは私服に合わせるのが難しいという方にとっては、気軽に着やすいT-Shirtタイプのほうが需要があるかもしれません。

 

ジョン・ウォールのツイッターの評価・評判

 

さて、ここからはNBA選手名のプレイの口コミや評価をツイッターからピックアップしていきます!選手名のプレイを見る際の参考にしてください。

 

 

現在、アキレス腱断裂の大怪我から復帰を目指すジョン・ウォールですが、リハビリは順調なようですね。早くコートに復帰して全盛期のような活躍が見たいです。

 

https://twitter.com/ballers_vine/status/1188087428688596992?s=20

 

NBAトップのスピードを誇るジョン・ウォールですが、トップスピードでドリブルしてからのトリッキーなアシストは痺れます。

 

 

ジョン・ウォールのスピードとドリブル技術からのフィニッシュが詰まった映像です。ウォールが左手でしかダンクできない話も有名ですね。

 

 

こちらはジョン・ウォールのシグネチャームーブの一つですね。トップスピードからビハインドバックのフィニッシュに対してディフェンスは何もできません。

 

 

超人的なスピードに加え、身体能力もNBAトップクラスのウォールのプレイは誰もが惹かれます。常人には真似できないようなプレーは特別憧れますね。

 

 

こちらはジョン・ウォールの高校時代のハイライト映像です。未だにNBA選手の高校時代の映像の中でもトップクラスの内容と言われています。こんな高校生無しですよね。

 

ジョン・ウォールのプレイが分かる試合動画の解説

 

それでは、選手名のプレイの特徴もこれで分かると思いますが、出場試合のプレイ動画を解説していきます!

 

動画1(オーランド・マジック vs ワシントン・ウィザーズ 2016/12/6)

 

こちらはレギュラーシーズンでの一戦となりますが、ジョン・ウォールがキャリアハイの52得点を挙げた試合です。ウィザーズは試合には敗れてしまいますが、映像ではウォールの得点力を堪能できる内容となっています。

 

ウォールで特筆すべきなのはやはりNBA一といわれるスピードなのですが、彼のすごいところは毎プレイでそのスピードを使い分けていることです。また、自身で得点を取りに行くタイミングと味方を生かすプレイの選択を織り交ぜることで、チームとしても機能させるようプレイしています。

 

自身のスピードやプレイに緩急をつけることで、より持ち前の能力を生かしていると言えます。野球のピッチャーが速球の合間に変化球を織り交ぜるのに似ていますね。

 

動画2(ロサンゼルス・レイカーズ vs ワシントン・ウィザーズ 2018/12/16)

 

こちらは2018年のレギュラーシーズンでの一戦です。この試合、ジョン・ウォールは40得点14アシストの活躍でウィザーズを勝利に導きました。

 

この試合でもウォールはスピードの緩急を多用していることがわかります。速攻でボールを持てばコート上で一番早いプレイヤーですが、ハーフコートでオフェンスをする時はゆっくりボールを運びスピードを殺しているように見えます。

 

また、この試合ではディフェンス面での活躍も光っていました。相手の速攻やインサイドでブロックをすることが頻繁に見られ、彼の身体能力の高さが生かされたプレイでした。

 

動画3(ボストン・セルティックス vs ワシントン・ウィザーズ 2014/12/8)

 

こちらは2014年のレギュラーシーズン中の一戦ですが、ジョン・ウォールにとってはただの一戦ではありませんでした。当時、ウォールと交流のあった癌を患っていた5歳の女の子が、試合当日の朝に亡くなったという知らせを受け、ウォールにとっては絶対に負けられない一戦だったのです。

 

試合はダブルオーバータイムにもつれる激戦となり、ウォールは26得点17アシストを記録しチームを勝利に導きました。特に4Q終盤の同点ジャンパーや2OT最後の逆転となるAnd1レイアップなど、ウォールのこの試合にかける気迫を感じられる試合です。

 

絶対に勝ちたいという気持ちでゲームを支配してしまったウォールは、やはりスーパースターであるということを感じさせてくれるような内容となっています。

 

ジョン・ウォールの試合フル動画を視聴できる動画配信サービスはNBA RAKUTENだけ!

 

結論

  • NBAの試合をライブ中継で視聴したい方、見逃し配信のフル動画を視聴したい方NBA RAKUTENが最もおすすめです!
  • NBA RAKUTENでのみ独占配信のため選択肢は一つしか有りません!

 

NBAで活躍する選手名!選手名の活躍をフルライブ動画や見逃し配信を楽しめる動画配信サービスを比較しましたが、結論からいうとNBA RAKUTENの一択になります。

 

サービス名NBA RAKUTEN
動画配信サービス
試合数全試合放送 *契約プランで視聴可能な試合数は異なる

 

その理由は、2020年1月時点で2019-2020シーズンはNBA RAKUTENが独占配信を行っているためです!

 

これまではWOWOWDAZN NHK-BS では、全試合配信ではないものの、試合の放送はされていました。

 

2017年シーズンより楽天が放映権を獲得して以降、楽天のサービス媒体で独占配信されるようになったため、WOWOWDAZN NHK-BS ではNBAは見れなくなりました。

 

現状、NBA RAKUTENの独占配信ということで選択肢は一択しかなさそうですね!NBA RAKUTENの詳細はこちらの記事をご覧ください。

 

NBAのVOD比較!BS放送予定やライブ中継に見逃し動画はNBA RAKUTEN(楽天)だけ!無料視聴有

  NBAプロバスケットボールが遂に開幕!   本記事では、NBAプロバスケットボールで活躍する日本人選手たちの所属チームの試合をお得に楽しめる動画配信サービスの比較結果をご紹介し ...

続きを見る

 

NBA RAKUTEN詳細はこちら

NBA RAKUTEN公式サイト

※契約初月無料

 

 

本日のまとめ

 

ジョン・ウォール選手の特集はいかがでしたでしょうか。NBA一のスピードと身体能力から繰り出される超絶プレーは、たとえファンでなくても魅了されますね。

 

現在はアキレス腱の怪我からの復帰を目指しており、今シーズン中に彼のプレーしている姿を見れるかはわかりませんが、復帰して八村選手と一緒にプレーしている姿を見たいですね。

 

来期以降もワシントン・ウィザーズから目が離せません!

-NBA, RAKUTEN NBA, バスケット

Copyright© Sports BigAir , 2020 All Rights Reserved.