DAZN ダーツ

PDCダーツプレミアリーグ2020試合のライブ中継や見逃し動画の無料視聴方法

 

トッププレーヤーのダーツをいつでもどこでも見たい方必見!

 

本記事では、PDCダーツプレミアリーグ2020試合のライブ中継に見逃し配信のフル動画やハイライトの無料視聴方法をご紹介します!

 

 

追記:PDCダーツプレミアリーグ2020はCOVID-19感染拡大防止のため、3月のWeek6を終えたところで中断しています。7月30日のWeek7で再開、10月15日のプレーオフ(準決勝と決勝)まで続く予定となっております。(2020年5月28日)

 

PDCダーツプレミアリーグ wiki情報

活動拠点:ヨーロッパ各地
開催期間:2/6〜5/21
選手数:10選手
試合数:16回
賞金総額:£825,000

 

 

PDCダーツプレミアリーグは、PDCが開催するダーツトーナメントです。数多く居るダーツプレイヤーの中から選ばれた10名のみが出場する権利を得ることができるという、見ごたえのあるトーナメントとなっています。

 

各選手は16週に渡りヨーロッパを転戦しながらポイントを稼ぎ、総額£825,000にも及ぶ賞金を争うという戦いです。

 

9週目終了時点(全選手と1度は対戦した状態)での下位2名がその時点で脱落、その後16週目までの総当たりリーグの上位4名が決勝とも言えるプレーオフトーナメントに挑むことができます。

 

 

追記:PDCダーツプレミアリーグ2020はCOVID-19感染拡大防止のため、3月のWeek6を終えたところで中断しています。7月30日のWeek7で再開、10月15日のプレーオフ(準決勝と決勝)まで続く予定となっております。(2020年5月28日)

 

 

PDCダーツプレミアリーグ2020のスケジュール

 

PDCダーツプレミアリーグ2020のスケジュール

 

結論

  • PDCダーツプレミアリーグ2020は、2月6日から5月21日にかけて行われます。
  • PDCダーツプレミアリーグが開催される国名と日本の時差は、開催地によりますが概ね8〜9時間です。

 

追記:PDCダーツプレミアリーグ2020はCOVID-19感染拡大防止のため、3月のWeek6を終えたところで中断しています。7月30日のWeek7で再開、10月15日のプレーオフ(準決勝と決勝)まで続く予定となっております。(2020年5月28日)

 

 

PDCダーツプレミアリーグ2020のルール・獲得スコア・賞金

 

大会ルール

結論

  • すべてのLegがセパレートブル・オープンイン・ダブルアウトの501
  • マッチ結果の勝ち、引き分け、負けに応じてそれぞれ2,1,0点のポイントを獲得
  • 9週目終了時点のポイント下位2名が脱落し10週目以降は8名で争われる
  • 1〜9週目:Best of 12Legs (7Leg先取、あるいは6-6でのドローゲーム)
  • 9週目〜 :Best of 14Legs(8Leg先取、あるいは7-7でのドローゲーム)

 

 

獲得スコア

結論

  • PDCダーツプレミアリーグの賞金は、PDCの賞金獲得総額によるランキングであるメリット・オブ・オーダーの算定に反映されません。

 

 

獲得賞金

優勝£250,000
準優勝£120,000
3,4位£80,000
5位£65,000
6位£55,000
7位£50,000
8位£45,000
9位£30,000
10位£25,000
リーグトップ£25,000

 

 

PDCダーツプレミアリーグの注目選手

 

PDCダーツプレミアリーグには毎年多くの世界のトップ選手たちが出場を予定しています。なお、ここで紹介する選手たちも、直前でキャンセルすることがありますのでご注意ください。

 

注目選手

 

マイケル・ヴァン・ガーウェン/オランダ

 

 

今のダーツを語る上で無視することのできない圧倒的な実績を残すダーツプレイヤー、マイケル・ヴァン・ガーウェン。

 

獲得賞金ランキングであるPDCオーダー・オブ・メリットの1位を飾る本格派です。リズミカルなスローが印象的なプレイヤーで、軽く放り投げているように見えるダーツはみるみるうちに狭いターゲットに吸い込まれていきます。

 

その骨太なダーツプレイはプレミアリーグでも披露されることでしょう。

 

 

ピーター・ライト/スコットランド

 

 

新年早々に行われたワールドチャンピオンシップを制したピーター・ライト。アバンギャルドな髪型からイロモノプレイヤーかと思われる方もいるかも知れませんが、オーダー・オブ・メリット2位につける超本格派プレイヤーです。

ワールドチャンピオンシップの勢いをそのままに、猛者揃いのプレミアリーグを走りぬけられるかという点に注目したいベテランプレイヤーですね。

 

 

ガーウィン・プライス/ウェールズ

 

 

なんとかつてはプロラグビーのプレイヤーとしても活躍していたという異色の経歴を持つガーウィン・プライス。

 

恰幅のいいプレイヤーも多いダーツ界の中でも、随一の鍛え上げられた丹精なスタイルから鋭いダーツを放ちます。

 

オーダー・オブ・メリット3位、コンスタントにトロフィーを獲得するウェールズナンバーワンのダーツに注目したいところです。

 

 

ロブ・クロス/イギリス

 

 

ロブ・クロスはダーツの本場であるイギリス出身のプレイヤー。2019年のプレミアリーグでは決勝の舞台に上がり、マイケル・ヴァン・ガーウェンとのマッチを繰り広げました。

 

2015年にデビューしたまだ若いプレイヤーですが、実績・実力は目を見張るものがあります。マイケル・ヴァン・ガーウェンとの対決は第7週に予定されており、目が離せないカードです。

 

 

マイケル・スミス/イギリス

 

 

Bully Boyの相性で親しまれるマイケル・スミス。がっちりと分厚い身体にヒゲでいかにも強い男という風貌なのですが、ここ一番の集中力とシュート力はやはり世界トップクラスです。

 

2019年は2度、大会決勝のステージに立ちました。2020年のプレミアリーグでは開幕の試合でグレン・ダランとのマッチが予定されています。

 

 

PDCダーツプレミアリーグ2020の日本人選手

結論

  • PDCダーツプレミアリーグに出場予定の日本人選手はおりません。
  • PDCに挑戦している日本人選手を数名ご紹介します。

 

浅田斉吾 wiki情報

出身:大阪府
生年月日:1980年3月6日
所属団体:Perfect
利き手:右利き

 

 

日本男子プレイヤー最高峰とも言えるダーツプレイヤー。日本のソフトダーツ競技ではPerfectに所属し、2015年〜2019年にかけて連続で年間優勝をもぎとる真の実力派といえる選手です。

 

数年前からハードダーツに挑戦し、名門であるUnicorn社とも契約。ソフトダーツだけではなくハードダーツでも自慢のシュート力と安定感で頭角を現す日本人選手の期待の星です。

 

 

村松治樹 wiki情報

出身:岩手県
生年月日:1980年3月6日
所属団体:Japan
利き手:右利き

 

 

長く日本のダーツシーンを支えてきたベテランプレイヤー。ハードダーツへも早い時期から挑戦しており、多くの実績を残してきた選手です。

 

SUPER DARTS2018ではダーツ界のレジェンドプレイヤーであるフィル・テイラーを下し優勝を奪取

 

ピンと立った背筋から美しいフォームで放たれるダーツの美麗さは各方面から高い評価を得ている目の離せない選手です。

 

 

PDCダーツプレミアリーグ2020の優勝予想ツイッターの評価・評判

 

PDCダーツプレミアリーグ2020の優勝予想ツイッターの評価・評判をご紹介します。

 

 

年始に行われたワールドチャンピオンシップで優勝を手にしたのは、プレミアリーグにも出場が決まっているピーター・ライト。その勢いをそのままにプレミアリーグで存在感を発揮することができるか大注目の選手です。

 

 

 

同じくワールドチャンピオンシップの決勝戦から、マイケル・ヴァン・ガーウェンとピーター・ライトの試合の模様をとりあげた感想。

 

最後に上がらなくては意味がないダーツという競技、いかに最後のシーンでピーター・ライトが取りこぼさずしっかり決めているかがわかります。勝負の分かれ目を決めるここ一番の集中力も観戦のポイントです。

 

 

 

実力者マイケル・スミスのプレイ。しかし彼は大事な大事な上がり目を外して相手にチャンスを与えてしまいます。

 

やはりしっかり上がることが大事なことが伝わってくるシーンです。勝負は水ものとは言いますが、プレミアリーグでは持ち前の決定力を存分に発揮してもらいたいなと思います。

 

 

 

引き続きワールドチャンピオンシップの振り返りです。プレミアリーグでもプレイするロブ・クロスとマイケル・スミスに関する言及が見られます。

 

ダーツ界トップの精鋭でも1回戦で敗退。それくらいに上位陣の実力が拮抗していることがわかります。総当たりリーグなので1つの星が大きな意味を持つプレミアリーグ。1戦1戦の動向に注目したいです。

 

 

 

最注目はやはり王者ガーウェン。9ダーツとは501のカウントを9本、3ラウンドで削り切る理論上最高のプレイです。

 

あんなに小さい的を狙って1本も外さずに決め続けられないと達成することのできない非常に難しい偉業。プレミアリーグの大舞台で9ダーツが見られるのか、世界最高峰の技術に期待したいですね。

 

 

PDCダーツプレミアリーグの試合動画を解説

 

PDCダーツプレミアリーグの雰囲気や各試合の展開なんかは、未経験者は気になるところです!

 

PDCダーツプレミアリーグ2019決勝

 

 

2019年のプレミアリーグ決勝戦の模様です。プレイヤーはマイケル・ヴァン・ガーウェンとロブ・クロス。序盤はお互いに快調に勝ちLeg数を重ねていく激戦となります。

 

マイケル・ヴァン・ガーウェンが先行するとそのまま押し切り2019年のチャンピオンの座を手に入れました。

 

 

PDCダーツプレミアリーグ2019第15週

 

 

こちらはガーウィン・プライスが登場。第15週に行われたマッチの映像です。プレミアリーグの試合は必ずしも決着がつかずにフルマッチの末に引き分けで終わることも。

 

世界最高峰の実力がぶつかり合うと最後の最後まで戦いの行方はわからないということがよく分かる1戦かと思います。2020年はどのような戦いの模様が描かれるのか楽しみです。

 

 

PDCダーツプレミアリーグ2019第7週

 

 

こちらも同じく2019年プレミアリーグより。この2選手は2020年の参加選手ではありませんが、やはり同等の実力をもってこの場に上がったエキスパートです。王者マイケル・ヴァン・ガーウェンにも引けを取らない得点力にご注目ください。

 

大きな会場、まるでプロレスのような派手な入場、あがりを決めた選手に捧げられる会場からの賛辞。そういった場の雰囲気や臨場感といったものが伝わってくる映像です。

 

 

PDCダーツプレミアリーグのグッズや動画配信状況

 

それでは、PDCダーツプレミアリーグの人気グッズや動画配信状況の確認結果を紹介します!

 

PDCダーツプレミアリーグのグッズ

 

マイケル・ヴァン・ガーウェンモデルのダーツ。PDCで採用されているスティールダーツではなく、日本で主流となっているソフトダーツに向けた仕様になっています。

標準的な重さのストレートバレルなので、とてもスタンダードなスペックと言えるでしょう。

 

こちらはピーター・ライトのモデル。強烈に指に食いつくカットが特徴です。

強烈な食いつきとは裏腹に手離れはよく、見た目の奇抜さ異常に投げやすいモデルとなっています。独特のスタイルが特徴のピーター・ライト、ダーツのカラーリングも一味違う特徴的な仕上がりになっていますね。

 

注目の実力派プレイヤーロブ・クロスのモデルです。重さ、長さ、太さ、その全てに特徴がないのが特徴と言わんばかりの非常にオーソドックスなストレートバレルとなっています。

シンプルな作りに仕上げられていますのでカットの消耗もあまり気にする必要なく長い間使うことができるでしょう。

 

 

PDCダーツプレミアリーグの動画配信状況

 

PDCダーツプレミアリーグ2020の試合を視聴できるのは、以下の動画配信サービスです!

 

DAZN・・・◎ PDCダーツプレミアリーグ、チャンピオンシップの試合を独占配信

 

ノボくん
PDCダーツプレミアリーグの視聴はDAZNがオススメ!配信スポーツの多さと圧倒的なコスパの高さが一番の理由です!

 

日本ではまだまだ浸透していないダーツのスポーツとしての認知ですが、海外では既に注目度が高くなってきています!

 

PDCダーツプレミアリーグの試合を継続して視聴したい方は是非DAZNでの視聴を検討してみてはいかがでしょうか。

 

DAZN詳細はこちらから

DAZN公式サイト

※1ヶ月間無料トライアル可能

 

 

 

本日のまとめ

 

今回はPDCダーツプレミアリーグについて紹介しました。プレミアリーグは10人の選ばれた精鋭が16週に渡り争うというレギュレーションとなっています。

 

行われる試合はすべて最高峰の戦いと言っても過言ではないレベル。超有名選手に的を絞ってプレーを観戦することができますのでダーツ観戦初心者の方にもおすすめのリーグです。

 

最強の王者マイケル・ヴァン・ガーウェン、勢いに乗っているピーター・ライトがやはり注目の選手ですが、長きにわたる総当たりのリーグ戦ですのでどういう結果が待っているのか全く想像がつかない非常に面白いシーズンではないかなと思います。

 

 

追記:PDCダーツプレミアリーグ2020はCOVID-19感染拡大防止のため、3月のWeek6を終えたところで中断しています。7月30日のWeek7で再開、10月15日のプレーオフ(準決勝と決勝)まで続く予定となっております。(2020年5月28日)

-DAZN, ダーツ

Copyright© Sports BigAir , 2020 All Rights Reserved.