" />

グッズ スキー

スキーメンズゴーグルおすすめブランド2019の選び方やレンタルの相場も!

投稿日:

みなさん、こんにちは。スキー用ゴーグルを選ぶ際に、どのような点を気にしていますか?デザインも色々あり、レンズの色もたくさん販売されているので、迷ってしまいますよね。

 

画像:SURF & SNOW

 

今回は、数あるゴーグルの中から、おススメのブランドや選び方をご紹介します。

 

スキーメンズゴーグルの選び方や注意点をご紹介!

ゴーグルの選び方について、ウィンタースポーツ全般的に抑えたいポイントは共通です。スキーの場合、ヘルメットの装着率が高く、ヘルメットとの相性は気をつけたほうが良いでしょう。

 

スキーゴーグル選びのPoint
①必ず試着して顔とのフィット感を重視
ヘルメットとの相性はしっかり確認
③レンズカラーは見た目のかっこよさよりも、見やすい色を選ぶ

 

まずは、この3点を抑えてゴーグルを選んでみてはいかがでしょうか。

 

何よりも試着してフィット感を重視

ゴーグルは顔に直接装着するアイテムですから、何よりも顔とのフィット感を重視したいものです。一見同じように見えるゴーグルでも、スポンジの厚さなど各メーカーのノウハウが詰まっています。

 

「顔とのフィット感」という点で覚えておくべきポイントが「アジアンフィット」です。日本人と欧米人では顔の堀の深さが異なることから、海外ブランドのゴーグルでは「アジアンフィット」と呼ばれる日本向け仕様を揃えていることがあります。

 

アメリカの「OAKLEY」はスポンジの厚みを調整することで、堀の深い日本人の顔にフィットしやすいよう、工夫を凝らしています。

 

画像:OAKLEY

 

通販サイトやオークションサイトで、お目当てのゴーグルが格安で販売されているとき、並行輸入である場合も多く、その際「アジアンフィット」ではないことがあります。

 

もちろん顔にしっかりフィットするなら良いのですが、鼻の付け根や頬のフィット感が甘く、滑走中にレンズが曇ってしまうこともあるようです。

 

やはり「アジアンフィット」のように日本人の顔に合わせた仕様であることがお勧めです。顔面に直接装着するアイテムですから、必ず試着をすることも忘れないでください。

 

ヘルメットとの相性

パフォーマンスの優れたゴーグルを選んでも、ヘルメットとの相性が合わなければ、その性能は発揮されません。ゴーグルを選ぶ際にはヘルメットとの相性も気をつけるべきでしょう。

 

 

筆者はゴーグルを新調する際には、使っているヘルメットを持参しゴーグルとの相性を確認しています。それほどゴーグルとヘルメットの相性は大切といえます。

 

ヘルメットブランドでは「GIRO」など比較的大手ブランドのヘルメットならゴーグルも合わせやすい傾向にありますが、「OAKLEY」のゴーグルは比較的深めにできているので、ヘルメットとの相性が微妙な場合があります。

 

また、近年フリーライドを中心に「ワイドレンズ」と呼ばれる大きめのゴーグルが流行っています。これは縦横ともに視野角が広く、森の中を滑るフリースキーなどには良いのですが、ヘルメットとの相性という点ではネックになってしまいます

 

視野角を確保したいと購入したワイドレンズですが、ヘルメットに合わなければ悲しいもの。顔とのフィット感と共に、ヘルメットとの相性もしっかり確認しましょう。

 

レンズカラーもこだわろう

ついついフレームデザインやカラーが気になってしまうなかで、レンズカラーもこだわりたいものです。

 

基本的には全天候型のオールマイティなレンズカラーを選ぶと良いでしょう。筆者は薄めのピンク色で対応しています。悪天候の場合はイエロー系、ナイターはクリアレンズも良いでしょう。

 

画像:SWANS

 

レンズにこだわる際にお勧めなのが「偏向レンズ」です。雑光をカットすることで、雪面のコントラストがハッキリ見えるので、バーン状況や不整地の凹凸も見えやすくなります。

 

OAKLEYは「PRIZM」、Salomonは「SIGMA」など、各社偏向レンズを更に進化させたパフォーマンスレンズを揃えています。こちらも実際に試着して、見え方を確認してみてください。

 

迷った場合はピンク系のレンズがオールマイティカラーとしてお勧めです。

 

スキーメンズゴーグルのおススメブランドや価格!

スキーゴーグルならではのポイントを抑えながら、オススメのモデルを以下にご紹介します。

 

SMITH 「I/O 7」

スキーヤーに人気のあるゴーグルブランドといえば、アメリカの「SMITH(スミス)」でしょう。

 

元々はモーグルなどフリースキーヤーに人気のイメージでしたが、いまでは基礎スキーヤーにも人気のブランドです。

 

SMITH 「I/O 7」

 

その中でも人気モデルといえるのが、「I/O 7」といわれるモデルです。SMITHらしいフレームレスデザインで、天候に合わせて簡単にレンズが交換できます。

 

また、ゴーグルベルトも2分割されておりフレームを顔面に当てながら装着できるのは便利ですね。

 

ヘルメットを使用するスキーヤーに便利なアイテムとして「ベルトエクステンション」があります。スキーベルト分割部分にゴム製のエクステンションを装着することで、テンションがかかり過ぎることなくヘルメットにゴーグルを装着することができます。

 

 

Salomon「S/MAX SIGMA STONE」

スキー板からウェアまで、スキー用品を総合的に扱うフランスのブランド「Salomon(サロモン)」ですが、近年はアクセサリー類のパフォーマンスも非常に高いといえます。

 

特にゴーグルのパフォーマンスレベルは高いといえるでしょう。

 

Salomon「S/MAX SIGMA STONE」

 

なによりも特徴としてあげられるのが、「SIGMA」と呼ばれるゴーグルレンズです。乱反射を極限まで押さえ、斜面の凹凸が見えやすいように、見えるべき色と見えなくて良い色の波長をコントロールするという、独自のレンズ性能を誇っています。

 

ついつい総合ブランドのアクセサリーは「OEMでセカンドレベルや旧モデルでしょ?」と考えがちですが、Salomonはこのイメージを一掃する、素晴らしい製品をラインナップしているといえます。

 

 

OAKLEY「CANOPY」

サングラスメーカーとしては非常に人気のあるブランド、「OAKLEY(オークリー)」。そのデザイン性の高さから、今ではスポーツアパレル全般でも人気のあるブランドに成長したといえます。

 

とはいえ、主力のアイウェア製品は非常に深く研究開発されており、そのパフォーマンスは常に圧倒的ともいえます。さらにラインナップが充実しているので、幅広い志向層から人気を得ています。

 

OAKLEY 「CANOPY」

 

その中でも今回お勧めするのは「CANOPY」です。フレームを持った従来のゴーグルタイプでありながら、非常に横方向の視野角が広いことが特徴的です。

 

しかも、相当広い視野角を確保しながら、スキーヘルメットにもフィットしやすい特徴を持っています。

 

より高速域で滑るスキーヤーにとって視界を広く確保できることは何よりもメリットに感じることでしょう。

 

 

SWANS「C2N」

山本光学という日本のメーカーからリリースされているアイウェアブランドが「SWANS(スワンズ)」です。ゴルフの石川遼選手をサポートするなど、様々なスポーツ界でも愛用者がおり、性能レベルは非常に高いといえます。

 

日本ブランドであるがゆえに、顔へのフィット感は抜群といえるでしょう。また、「曇り止め」などの技術力も非常に高く、コストと性能のバランスが非常に高いゴーグルともいえます。

 

SWANS「C2N」

 

その中でもオススメなのが、「C2N」シリーズです。視野角が広い上にフィット感は抜群、さらに4点留めのボタンを回せば簡単にレンズ交換ができる優れものです。

 

 

スキーメンズゴーグルのレンタル相場はいくら?

スキーゴーグルをレンタルできるスキー場は、それほど多くはありません。むしろ、スキーツアーのオプションのひとつに、帽子、グローブ、ゴーグルの3点セットが設定されることがあります。この場合、オプション料金は500円程度です。

 

ただし、オプション設定されているツアーも限られているので、ゴーグルは基本的に購入したほうが良いでしょう。一時的な仕様であれば5,000円程度でも良いかもしれませんが、これからスキーへ行く機会が増えるのであれば、それなりのブランドから選ぶほうが良いでしょう。

 

本日のまとめ

今回はスキーヤーのためのゴーグル選びをご紹介してきました。体に装着するギアですから、基本的に「試着」を前提としてください。その上でポイントを次のようにまとめます。

 

今回のPoint
顔とのフィット感を重視。日本人仕様もある。
ヘルメットとの相性も重要。ワイドレンズは気をつけて。
③レンズカラーは迷ったらピンク色がお勧め

 

これらのポイントを押さえた上で、ウェアなどのバランスでカラーを選ぶと良いでしょう。ゴーグルも外見上は目立つアイテム、しかしながら機能性が非常に重要なアイテムです。

 

ぜひお気に入りのゴーグルを探してみてください。

-グッズ, スキー

Copyright© SUNOBOSS , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.