" />



スノーボード スロープスタイル 選手

岡本圭司スノーボード事故で下半身不随の今(現在)が気になる!復活復帰の状況!

更新日:

 

岡本圭司選手は、日本のスノーボーダーの偉大な一人、ビッグエアスロープスタイル種目のベテランです。

 

当時ニュースになったあの大事故から4年、再起不能と誰もが思った岡本圭司選手は、今ではどうなっているのでしょうか。

 

当時のスポンサーは、あれからどうなったのでしょう。近況をチェックしてみました。

 

岡本圭司選手のwiki情報

本名 岡本 圭司(おかもと けいじ)
種目 スノーボード・ビッグエア、スロープスタイル
所属
生年月日 1982年2月20日(37歳)
生誕地 兵庫県神戸市
身長 170cm
体重 56kg

 

 

岡本圭司選手は日本のスノーボードの第一人者ですが、まだ五輪メダルはありません。

 

20歳からスノーボードを始めて、いち早く国際大会に照準を合わせてきました。ところが専門のスロープスタイルが、やっと2014ソチオリンピックから採用されたので、世代的に間に合いませんでした。

 

ビッグエアの正式種目化も、その後の2018平昌オリンピックですから。ちょっと悲運でした。

 

日本にスノーボードブームが起き始めた1995年頃に、岡本圭司選手はまだ中学生でした。スノーボードは未知の世界だったのです。

 

日本のゲレンデでもスノーボード人口が激増した21世紀に、次世代ニューカマーとしてぐんぐん伸びて、ビデオ出演などにも精出していました。

 

ところがそんな絶好調のある日、山中で大事故が起きてしまいました。

 

 

岡本圭司選手のスノーボード事故で下半身不随に!

事故はスキー場のゲレンデではなく、バックカントリーで起きました。

 

アメリカやカナダの自然山に積もった自然雪の中、がけからジャンプして、道路なんかを飛び越えて向こうの雪面に降りるという、サーカスみたいなプロモーションビデオ映像がよくあります。ちょうど道路をバスが通っていたり、うわぁという動画があります。

 

 

岡本圭司選手もそうしたビデオを撮影中、ジャンプ直前のライン取りが偶然ずれてしまい、雪の上ではなく道路へ落下したようです。2015年2月7日のことでした。

 

ヘリで搬送されましたが、十カ所以上を骨折する重症でした。脊椎の骨折で下半身が麻痺し、足がほとんど動かなくなってしまったということです。医者は、車椅子生活が生涯続く可能性にも触れたそうです。

 

フリースタイルスキーやフリーボードの市販ビデオでは、トリックと呼ぶテクニカルアクションが次々と出てきます。水平回転や垂直回転を始め、信じがたい巧妙なワザに混じって、危ないアクロバットの場面も目玉映像になっています。

 

成功例だけ集めたビデオでは楽勝に見えても、実は事前に何度も練習したり、NGシーンの山となる難しい演技もあり、リスクがあるものなんですね。

 

ピューンと高く遠く飛ぶNG集なんかを見ると、「やっぱりそうでしょ」「普通そうなるでしょ」と納得するような失敗が出てきます。事故はオリンピック会場の斜面でも起きていますが、手入れされないバックカントリーでの危険率はやはりぐんと高いでしょう。

 

この事故とは関係ないのですが、スノーボーダーの好物パウダースノーにも注意がいります。雑誌の特集ではフカフカの軽い雪で気持ちよさそうですが、埋もれて行方不明になったり、なだれも起きますので、ビーコンという電波発信装置を皆が身につけます。

 

 

スノーボード業界を盛り上げるには、どうしてもハイパフォーマンスなジャンプのイメージが欲しいから、これも犠牲なのかなあと感じられたものでした。この事故は、当時のネットニュースでもちょっと騒ぎになりました。ああーっ、これでジ・エンドだと。

 

ところが岡本圭司選手はその後、ファンの応援と家族の支えを受けて、何とかゲレンデへ戻っていました。すでに新たなチャレンジを開始していました。

 

 

岡本圭司選手のスポンサーはどこ?

華やかなデモンストレーションによく出ましたので、スポンサーは多数あります。新しい情報では、「牛乳石鹸共進社株式会社」「FLUX」「DEELUXE」「O’NEILL」など。それぞれの企業情報を見てみましょう!

 

牛乳石鹸共進株式会社

多くの家にある、あれです。赤箱と青箱の牛の絵が描かれたロングセラーのバス用石鹸。ちなみに、赤箱の方が中の石鹸が小さくて高級です。スポンサー契約が2013年に発表されました。


牛乳石鹸がスポンサーの注目選手のひとりは、2020東京オリンピックの種目になったボルダリングの野中生萌(みほう)選手です。W杯2018年では総合優勝しています。

 

FLUX

フラックスは、スノーボード用ビンディングなどのブランドです。

 

DEELUXE

ディーラックスは、ブーツ他ソックスなどのフット関係製品とパーツ類のブランドです。

 

O’NEILL

オニールは、ボード用ウェアのブランドです。


オニールはサーフィン選手のスポンサーが多く、トーリー・マイスター選手が世界で知られます。

 

岡本圭司選手には、これから新たにスポンサーが増えるような気もします。それは、新しい分野へのチャレンジ計画が始まっているからです。

 

 

岡本圭司選手の今・現在が気になる!復活復帰の状況!

さて、岡本圭司選手の今は復活しているのか?復帰状況を確認してみました!

 

岡本圭司選手は今も左足は軽い麻痺状態で、右足はほぼ動かない状態だそうです。危険すぎる身体ではかえって出場資格がないから、これからがたいへんそうな本人の報告が前にありました(→ブログ)。

 

スノーボードに戻って、何ができるか、どういうかたちで可能性が開けるか、みんなに何を伝えるかを、リハビリを続けながら研究しています。

 

そして2018年8月に、何と日本のナショナルチームに選ばれています。なんと全日本代表入りです!2019年の全国障がい者スノーボード選手権で3位に入りました。スノーボード下腿障害の部。出場者の症状が異なる中での激戦でした。

 

オフシーズンになりましたが、新たなチャレンジはまだまだ続きます。

 

 

岡本圭司選手が総合監修した、
ジャンプのノウハウを集めたバイブルは
こちらで確認できます!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

本日のまとめ!

2015年の事故のニュースで、当時ネットでの反応は日本に流行っているあの言い方がみられました。「自己責任」。平成時代の困った流行語ですね。スノーボードも、今やぜいたくそうに見えるスポーツになっていますから。

 

本当は、映画撮影のスタントシーンでの労災に相当するものでした。

 

岡本圭司選手は今、2022冬の北京オリンピックへ向けて、パラリンピック出場を目指そうとしています。まだ間に冬が2回ありますが、応援の輪が広がってきました。これからも注目したいと思います。







-スノーボード, スロープスタイル, 選手

Copyright© スポーツVOD動画配信サービスの奨め , 2019 All Rights Reserved.