" />



グッズ スノーボード 選手

角野友基の年収やスポンサーはどこ?ウェアやボード板にゴーグルの価格も!

更新日:

角野友基選手もまた、スノーボーダーの多くがそうであるように、元スキーヤーでした。小学校時代の土日はスキー三昧になり、8歳でスノーボードへ転向して、早めにプロ入りしてトレーニングを続けました。

 

2012年にAir & Style Beijing BAでまずは一勝し、新進の少年選手として注目されました。国内大会以外に、国際大会で何度も優勝して内外に知られます。

 

本記事では角野選手のスポンサーやグッズにプロスノーボード選手の年収予想をご紹介します。

 

角野友基のwiki情報!

本名 角野 友基(かどの ゆうき)
種目 スノーボード・ビッグエア、スロープスタイル
所属 STANCER
生年月日 1996年5月18日(22歳)
生誕地 兵庫県川西市
身長 173cm
体重 64kg

 

角野友基の年収を予想!

アメリカで大人気のX GAMESも含め、スノーボードのレースで優勝した選手には、賞金2000万円などが授与される。と、うわさ話がよく伝わってきます。一発でこの金額は大きいですよね。

 

 

それなら、大会リザルトのベスト3に何度も入っている角野友基選手は、年収が1億円の大台に乗っていそうな気がします。大きい家を建てて、高級外車を乗り回す優雅な暮らしだとか。インスタントラーメンなんか、もう食べないハイソな暮らしで。

 

ところがあれほど派手な活躍でも、日本人スノーボーダーの年収は思ったより少ないらしいのです。第一、プロ競技の賞金が高くても、遠征コストも高くかかりますから、黒字幅はそんなになかったり、トントンになることも想像はつきますが。

 

一般には、収入が大きくても所得は小さくなるのが、スポーツアスリートの宿命です。たとえばテニス女子の大坂なおみ選手ですが、賞金1億円といっても全額が彼女のポケットマネーになるのではなく、チームの組織メンバーたちへの報酬を出して、ごっそり減ってしまいます。

 

 

道具を買ったり交通費も大きく、入る額が大きければ出る額も大きくなります。たくさんもらって、たくさん使う暮らしになります。

 

テニスよりも道具も何もかもが大掛かりなスキーやスノーボードでは、自分の手出し出費もどんどんかさみます。それなりの四輪駆動車がないと、スキー場へも行けませんし。

 

さらに、国内にはスノーボードのパークがほとんど整備されていません。ジャンプのキッカーや長い鉄棒のレールハーフパイプなども国内で規模が小さすぎます。だから海外でのトレーニングとなり、ハイコストになりますね。

 

 

ただし、角野友基選手は専属コーチなしのセルフコーチ方式をとって、一応節約しています。これは自分で自分を修正できるという、自己客視の才能だそうです。

 

前にアメリカ女子サッカーのワンバック選手だったか、日本のヒロイン選手と死闘を繰り広げた大型選手ですが、年収は800万円程度だとか。ええっ少なっ。その代わりスポンサー料が、当時2億円だとかの数字が出たことがありました。うわさでしたが。

 

角野友基選手の年収は数千万円で、可処分所得の少ない節約生活ではないかと想像します。

 

 

角野友基のスポンサーはどこ?

さてそのスポンサーは少し前の情報ですが、RIDE、OAKLEY、Red Bull、STANCERなどがあがっています。

 

RIDE

スノーボードとブーツのブランドです。2014ソチオリンピックでも、板の裏に大きく「RIDE」の文字が入っていて目立ちました。何だろうかと、スペルを読んだ方もいるでしょう。

 

OAKLEY

サングラスやゴーグルでよく知られますが、ウェアも含めたブランドです。


オークリーがスポンサーになっている選手に、スキージャンプ女子の高梨沙羅もいました。

 

Red Bull

オーストリア(欧州)の清涼飲料メーカーで、F1チームが有名ですね。冬の種目に限らないジャンルですが。


レッドブルがスポンサーの選手は多く、最近加わったのはフィギュアースケート女子の紀平梨花選手です。

 

STANCER

バランス取りする足の機能を鍛えるための、床置き式トレーニングマシンです。

 

エッチ・ビイ貿易 株式会社

貿易会社がスポンサーについたと、小さい報道がありました。大きい社会貢献です。

 

角野友基選手のスポンサー契約で大きいのは、スノーボードRIDEブランドです。一般には最も知られたスノーボードのブランドはBURTONですが、それと別なのがシャレて感じられます。

 

ブーツとビンディングもRIDEで統一していますね。本来、それぞれのパーツはどのメーカーでも互換性がありますが、近年はブランド統一に向かう流れがあります。

 

スポンサー契約とともに、製品アドバイザーも兼ねているかも知れません。メーカーに製品改良の意見を出すこともあるでしょう。

 

 

スポーツ支援企業がスポンサーになってくれることで、大いに助かっているはずです。ボードやウェアの宣伝料を現金でもらうだけでなく、競技開催地の海外遠征費用や、成績に応じた報奨金ボーナスなどもあるでしょう。

 

スキーも含めて、他の競技種目でもいえますが、高級外車に乗っている選手はスポンサーから貸し出された車だったりします。高い収入からポンと払って買った車でなく借りているだけで、あくまでも当面の宣伝目的ですから。

 

スポンサーから提供の品が豊富だと、大いに家計の足しになるでしょう。ビッグエアの選手であっても、家計は油断できないのだろうと想像できます。何か今回はお金のことになって、夢と現実のギャップみたいな話ですが。

 

 

角野友基のウェアやボード板にゴーグルの価格は?

さて、ここからは角野友基選手が着用しているウェアやボード、ゴーグルをみていきましょう!

 

ウェア

角野友基選手のウェアは、OAKLEYブランドが中心です。スポンサーですから。ということはゴーグルもそうですね。具体的な製品モデルは新製品が普通でしょう。

 

 

ボード

最重要のツールであるスノーボードは、RIDEブランドでオープン価格です。市販のボードは安くて2万円台、最高級で10万円程度です。RIDEは手ごろ価格のイメージがあります。

 

フリースタイル種目では選手用の限定生産板よりも、市販のボードでフィーリングが合うものを、そのまま国際競技に使うことが多いようです。

 

人気一位だったボード18-19モデル
前年モデルは割引価格

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ゴーグル

ゴーグルも、ウェアと同じOAKLEYブランドです。オークリーといえば、あれです。

 

2018平昌オリンピックで、スピードスケートの小平奈緒選手を始め、スキーやボードなど世界の強豪が着けていたサングラスやゴーグルです。左右がオレンジとイエローに塗り分けられて目立つから、すぐに国際ニュースになっていました。

 

オークリーのゴーグルは1万円から3万円くらいの高めが多く、ミラーレンズがカラフルなデザインが目立ちます。

 

オークリーゴーグルの逸品18-19モデル
前年モデルは割引価格

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

本日のまとめ!

スノーボーダーやスキーヤーの収入はそう高くない上に、出て行くお金が多くて派手な暮らしはまず無理です。一番の課題は、ゲレンデに来てくれるお客の少なさです。多くの方にゲレンデのエキサイトな楽しさを知って、遊びに来て欲しいと思います。

 

スノーボードのネットメディアが少し前に休刊になったのを知り、何とかしなければと感じます。

 

今は平成時代ですが、この後すぐに令和時代に変わります。スノーボードやスキーが国民スポーツに戻り、多くの共通の話題になればと願っています。







-グッズ, スノーボード, 選手

Copyright© SUNOBOSS , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.