" />



グッズ スキー スノーボード

ミニバン向けスタッドレスタイヤを比較!アライメント調整も気になる!

投稿日:

 

みなさん、こんにちは。スノーシーズンにおいて車での移動で必ず必要となるのが「スタッドレスタイヤ」です。

 

画像:Web CG

 

最近はミニバンの所有率の高くなってきていますので、今回はミニバンを重視しながらスタッドレスタイヤのご紹介をします。

 

スタッドレスタイヤとは?

スタッドレスタイヤとは、雪道や凍結路面を走行するために開発されたタイヤで、「冬タイヤ」と呼ばれることも多いと思います。

 

スノータイヤ」と呼ばれることもありますが、この中には「スパイクタイヤ」も含まれています。

 

以前は、タイヤにスパイク(スタッド)が打たれたタイヤで走行していたい時期もありますが、道路の粉塵公害問題があり現在は基本的に使用されていません。

 

ヨコハマタイヤ iceGUARD6

 

スパイクがなくても雪道や凍結路面でしっかりとしたグリップが確保されるようにできたタイヤが「スタッドレスタイヤ」となります。スタッドが「無い」(=レス)から「スタッドレスタイヤ」と呼ばれています。

 

画像:NEXCO中日本

 

通常のノーマルタイヤ(通称「夏タイヤ」)にくらべ、ゴム(コンパウンド)が柔らかめに設定されており、さらに路面に発生する水分を少しでも吸収できるようにすることで雪上や凍結路でも優れたグリップを確保することができるようになっています。

 

ヨコハマタイヤの吸水メカニズム

 

高速道路を走行する際に「チェーン規制」が敷かれても、スタッドレスタイヤを装着していれば基本的に走行が可能です。(一部例外もあります)

 

画像:NEXCO中日本

 

ただし、昨年から一部の地域や道路では、スタッドレスタイヤだけでは走行できない規制も出てきましたので、行程上の規制はしっかり確認をして出発してください。

 

タイヤの側面‘(サイドウォール)に「STUDLESS」と打刻されているとおもいますので、ご自身のタイヤがスタッドレスタイヤであるかどうかの確認もできるとおもいます。

 

特に日本の雪は「湿雪」傾向が強く水分を多く含んでいるので、日本メーカーのスタッドレスタイヤは「吸水性能」という部分においても開発が進んでいる印象があります

 

 

ミニバン向けスタッドレスタイヤを徹底比較!

ミニバンが急速に普及したことから、各タイヤメーカーから「ミニバン向けタイヤ」と呼ばれるカテゴリーもラインナップが拡大しています。

 

しかし、スタッドレスタイヤにおいては「ミニバン用」と専用に設けているメーカーはあまり見受けられません。基本的には乗用車用スタッドレスタイヤを選択すれば良いでしょう。

 

前述で、日本の雪は「湿雪」傾向という特殊な環境にあることをお伝えしましたが、これを踏まえ、筆者としては基本的に国産メーカーのスタッドレスタイヤをお勧めしています。

 

国産スタッドレスタイヤでなくても、実績のある大手メーカーのスタッドレスタイヤを選択することをお勧めします。

 

スタッドレスタイヤは、その性質上、高度な技術、特にコンパウンドに技術力が求められます。近年は様々なメーカーからスタッドレスタイヤが発売されていますが、2年目、3年目と使用して行った時の性能劣化が抑えられている印象があります。

 

筆者も毎週末スキー場に足を運び、年12,000km程度をスタッドレスタイヤで走行、しかも首都圏から雪山を往復するする経験から、雪道はもちろん、ドライ路面での快適性も踏まえて、いくつかお勧めブランドをご紹介します。

 

 

装着実績No.1の「BRIDGESTONE(ブリジストン)」

日本のタイヤメーカーの最大手といえば「ブリヂストン」。ここから発売されているスタッドレスタイヤが「BLIZZAK(ブリザック)」です。雪国装着率No.1という実績を謳っており、安心感の高い信頼のブランドです。

 

 

筆者もブリヂストンのスタッドレスタイヤは、迷わず安心感があると感じています。よく研究されており、凍結路面でもしっかりグリップ性能を発揮、また純正装着タイヤのシェアも高いことから、どのような車にも安心して装着できます。

 

BLIZZAK VRX2

 

BLIZZAKの中でも、最新技術を投入した「VRX2」は乾燥路面での静粛性も高まっており、スノー性能はもちろん、ドライ路面での快適性も高いでしょう。

 

ただ、ブランド力がある反面、国産ブランドのスタッドレスタイヤの中では価格が高めな傾向にあるともいえます。

 

 

グリップ性能の研究が非常に高い「YOKOHAMA(ヨコハマタイヤ)」

実は日本で最も古いタイヤメーカーである「ヨコハマタイヤ」、通常タイヤでも近年当たり前になりつつある「低燃費タイヤ」を最初に市販化したメーカーとしても非常に優れた技術を持っています。

 

このメーカーは「低燃費性能」と同時に「グリップ力」に対しても非常に開発を進めており、この姿勢はスタッドレスタイヤでも同様といえます。

 

このヨコハマタイヤが発売している乗用車用スタッドレスタイヤが「iceGUARD」です。

 

iceGUARD 6

 

低燃費性能の研究も優れているヨコハマタイヤだけあって、ゴム自体の低燃費性能は夏タイヤレベル!ここにパターンや構造に最新の技術を加えて、素晴らしいスタッドレスタイヤを開発しています。

 

パターンの特徴

 

コストパフォーマンスとタイヤの性能バランスが非常によく、筆者としてはイチオシのブランドがヨコハマタイヤの「iceGUARD 6」です。雪上性能の向上はもちろん、直進安定性に優れ、重いミニバンでもしっかりグリップするイメージがあります。

 

 

ミニバン用タイヤが得意な「TOYO TIRES(トーヨータイヤ)」

ミニバンブームがある頃から、早くも「ミニバン向けタイヤ」を発売してきたトーヨータイヤ。この乗用スア用スタッドレスタイヤが「Winter TRANPATH」です。

 

Winter TRANPATH TX

 

最新スタッドレスタイヤである「 Winter TRANPATH TX」も、トーヨータイヤお得意のミニバンを重視した構造設計で、優れた雪上性能はもちろん、ミニバン特有のフラつきなども抑えています。

 

特に高速道路などのレーンチェンジなどで、ぐらっと揺れる「フラつき」が気になるようであれば、トーヨータイヤはお勧めといえます。参考にトヨタ ノアのパーツレビューがありましたのでリンクを貼り付けます。

 

 

スタッドレスタイヤのアライメント調整が気になる!

車に詳しい方であれば「アライメント」という言葉をお聞きになったことがあるとおもいます。ここで少し解説をしておきます。

アライメントとは?

「アライメント」とは人間でいうところの「骨盤」のようなもの、車が走行してくと色んな段差を超えていく中で、少しずつ歪んでしまうことがあります。

 

特に縁石に乗り上げてしまったりした経験がある場合は、もしかするとハンドルが左右に流れてしまうことがあります。

 

このような場合は「アライメントに異常がある=骨盤が歪んできる」ことを疑った方がよく、カー用品店やタイヤプロショップ、ディーラーなどで「アライメントの調整」が必要になるでしょう。

 

 

スタッドレスでもアライメント調整は必要?

この「アライメント調整」はスタッドレスタイヤに合わせて行うものではなく、車の基本的な状態として異常がある場合に調整を行うものと考えてください。

 

ハンドルが左右に流れる現象が気になり始めたら、シーズン問わず「アライメントの狂い」を疑い、調整をしてみましょう。

 

画像:タイヤガーデン(アライメント調整)

 

アライメントの方法や相場が気になる!

アライメントの測定と調整は別料金で設定されていることが多い傾向です。

 

大手カー用品店での測定、調整費用の例

アライメント測定:6,000円〜

アライメント調整:2,500円〜(1箇所)

 

測定方法や料金は、実施店によってまちまちになりますが、上記を一つの目安としてみてください。イメージとしては、測定&調整で約15,000円程度を見込んでおくことが良いでしょう。

 

また、アライメント調整は診断機などの発展が著しいため実施店も増えていますが、やはり技量の差が出やすい整備の一つでもあります。もし身近にアライメント調整をされた経験のある方がいらっしゃれば、オススメの実施店を伺うのも良いでしょう。

 

 

本日のまとめ

ミニバン用スタッドレスタイヤとして特別に設定があるものは限られていますので、基本的には乗用車用スタッドレスタイヤを選べば良いでしょう。その中で、ポイントを以下にまとめておきます。

 

ミニバン用スタッドレスタイヤ選びのPoint
①基本的には信頼ある大手国産メーカーブランドがお勧め!
②ミニバン特有の「フラつき」が気になるのであれば、「トーヨータイヤ
③アライメント調整はスタッドレスに限らず、車に違和感を感じたら調整を検討する。

 

次のシーズンに向けて、今一度、今シーズン使用したスタッドレスタイヤの状態をしっかり確認してください。溝があるからといって、3年も使用していたらゴムの劣化も始まっているので、交換がお勧めです。

 

スタッドレスタイヤはタイヤの柔らかさが重要です。わからなければ、自宅近くのタイヤ専門店で「スタッドレスタイヤとして柔らかさは保たれているか?」と点検をお願いするのも良いでしょう。

 

安全なスノードライブのために、スタッドレスタイヤはしっかり選びましょう。







-グッズ, スキー, スノーボード

Copyright© SUNOBOSS , 2019 All Rights Reserved.