" />



グッズ スキー スノーボード

スタッドレスタイヤ装着時の注意点や長持ちさせる方法!レンタル相場も気になる!

投稿日:

 

みなさん、こんにちは。スノードライブに欠かせないスタッドレスタイヤについて、寿命や長持ちさせる方法などのポイントをご紹介していきます。

 

画像:tenki.jp

 

スタッドレスタイヤとは?特徴を解説!

スタッドレスタイヤとは道や凍結路面を安全に走行するために開発されたタイヤで、「冬タイヤ」と呼ばれることもあります。

 

「スノータイヤ」と呼ばれることもありますが、この中には「スパイクタイヤ」も含まれています。

 

以前はタイヤにスパイク(スタッド)が打たれたタイヤで走行していたい時期もありますが、乾燥路面の粉塵公害問題があり平成3年以降、原則として使用が禁止となりました。

 

ヨコハマタイヤ iceGUARD6

 

スパイクがなくても雪道や凍結路面でしっかりとしたグリップが確保されるようにできたタイヤが「スタッドレスタイヤ」となります。スタッドが「無い」(=レス)から「スタッドレスタイヤ」と呼ばれています。

 

画像:NEXCO中日本

 

通常のノーマルタイヤ(通称「夏タイヤ」)にくらべ、ゴム(コンパウンド)が柔らかめに設定されておりいます。さらに路面に発生する水分を少しでも吸収できるようにすることで雪上や凍結路でも優れたグリップを確保することができるようになっています。

 

ヨコハマタイヤの吸水メカニズム

 

話が前後しますが、吸水性能がなぜ重要かをお伝えしましょう。滑る理由は「水の膜」が原因です。

 

画像:BRIDGESTONE

 

タイヤが路面を滑ってしまうのは、タイヤと路面の間に水の膜ができ、これがボールベアリングのようになってしまうので転がってしまう=滑ってしまうのです。

 

これを逆に利用しているのがスキーやスノーボードのワックスです。雪面と板の間に細かい水玉を作り、細かいボールベアリングを発生させて滑らせるようにしているのがワックスです。

 

効果のあるワックスがであればあるほど、細かい水滴になるのが良いという話は、この原理からです。

 

タイヤはグリップしなければいけません。そのため少しでも水玉を素早く取り除くために、スタッドレスタイヤは吸水性能も重要です。

 

水を吸い取った路面において、さらにタイヤを密着させるために、スタッドレスタイヤは「柔らかさ」も重要になってきます。

 

参照:BRIDGESTONE

 

気温も低く、路温も低下している状況ではゴムも硬くなりやすいのですが、特殊な技術でゴムの柔らかさを保っており、これも技術力が問われます。

 

また、高速道路を走行する際に「チェーン規制」が敷かれた場合、スタッドレスタイヤを装着していれば基本的に走行が可能です。(一部例外もあります)

 

画像:NEXCO中日本

 

ただし、昨年から一部の地域や道路では、スタッドレスタイヤだけでは走行できない規制も出てきましたので、行程上の規制はしっかり確認をして出発してください。

 

タイヤの側面‘(サイドウォール)に「STUDLESS」と打刻されているとおもいますので、ご自身のタイヤがスタッドレスタイヤであるかどうかの確認もできるとおもいます。

 

特に日本の雪は「湿雪」傾向が強く水分を多く含んでいるので、日本メーカーのスタッドレスタイヤは「吸水性能」という部分においても開発が進んでいる印象があります

 

「スタッドレスタイヤではなく、チェーンを巻けば良い」という声もありますが、何よりも乗り心地の良さが抜群で、運転ストレスが解消されます。

 

また、乾いた路面になった場合にチェーンを外す作業をしなくても、そのまま走行できる点はスタッドレスタイヤのメリットといえます。ただし、緊急脱出用にチェーンを携行することはお勧めをしています。

 

 

スタッドレスタイヤの装着時の注意点!

スタッドレスタイヤの装着を自分で行う場合に、大きく気をつける点は次の二点といえます。

 

まずはスタッドレスタイヤが使えるか?確認しよう

昨シーズンまで使用していたスタッドレスタイヤが今シーズンも使える状態であるか?を確認する必要があります。詳しくは後述の「寿命や交換時期の判断基準」をご覧ください。

 

タイヤは基本的に「生モノ」であり、人の肌と同じような感覚を持たれると良いでしょう。特にスタッドレスタイヤは、低音路面でもしっかりとしたグリップ力を発揮させるために、コンパウンド(=ゴム)の柔らかさが重要です。

 

溝の深さが充分あるからといって、コンパウンド(=ゴム)が硬ければ十分なグリップ力は発揮されません。

 

 

タイヤの取り付け方法もしっかり確認しよう

これは車の点検・整備として基本的なことですが、正しくタイヤを取り付けることが重要です。

 

タイヤ装着時のポイント
①ホイールナットの正しい締め付け
②タイヤ回転方向に指定があれば正しく取り付け

 

タイヤを車体に取り付ける際、ホイールナットの穴は基本的に4穴か5穴になっています。

 

一度に一つの穴のナットを締め付けるのではなく、最初は手で締まるくらいの力加減で均等に締め付け、その後、図のような順番でしっかり締め付けていきます。

 

画像:TIRE FITTER

 

全てのタイヤを取り付けた後は、車両ごとに指定されている規定トルク値で増し締め、確認を行いましょう。ここではトルクレンチを使って正しく締め付けることが良く、強く締め付け過ぎても、弱く締めてもいけません。

 

画像:TIRE HOOD Magazine

 

スタッドレスタイヤの寿命や交換時期の判断基準!

スタッドレスタイヤの寿命を見極めるには「溝深さ」と「柔らかさか」がポイントになります。

 

まず「溝深さ」ですが、一般的な「スリップサイン」に加えて、冬用タイヤとして性能が発揮できる溝の見極めとして「プラットフォーム」というサインがあります。

 

画像:BRIDGESTONE

 

スタッドレスタイヤは新品時から溝が50%未満となると、スタッドレスタイヤとしての性能は発揮できません。この摩耗状態を知らせるサインが「プラットフォーム」です。

 

次に「柔らかさ」ですが、正確な判断はタイヤ専門店でないと判断が難しいといえます。タイヤ専門店ではタイヤの柔らかさを計測する「硬度計」を備えている店舗があります。装着前にタイヤ専門店で確認してもらうことが良いでしょう。

 

画像:タイヤ館 鳴海

 

一般的なスタッドレスタイヤの知識として意識してほしいことは、「タイヤは生もの」であることです。人の肌と同じように、性能を発揮するモチモチ感(=柔らかさ)が失われていれば、スタッドレスタイヤとしての性能は発揮できません。

 

もし判断に迷ったら、タイヤ専門店に相談することが大切です。決して「大丈夫だろう」と思い込んではいけません。命を預ける自動車だからこそ、判断に迷ったらしっかり専門スタッフに相談しましょう。

 

 

筆者はスタッドレスタイヤの溝が残っていても、3シーズン使用したら新しいスタッドレスタイヤに交換するようにしています。

 

これはスタッドレスタイヤの性能を発揮させるための「柔らかさ」を意識しての独自基準です。

 

「溝があるからまだ使える」という判断は危険と判断しています。十分に注意してください。

 

そのため、スタッドレスタイヤを装着する前に、必ずタイヤ専門店で状態を確認してもらうことを強くお勧めします。

 

 

スタッドレスタイヤを長持ちさせる方法をご紹介!

スタッドレスタイヤに限らず、タイヤを長持ちさせるポイントは次の通りです。

 

タイヤを長持ちさせるポイント

①急ハンドルや急ブレーキなど、「急な」操作をしない

②適正空気圧の維持

③定期的なローテーション

④正しい保管

 

まずは、何よりも安全走行を心がけることです。急ハンドルや急ブレーキは、危険な運転につながるだけでなく、タイヤに対しても負荷が大きいため、長持ちさせる観点からも避けたいものです。

 

タイヤの性能をしっかり発揮させるには、車に合った「適正空気圧」を維持することが重要です。空気圧不足や空気圧過多はタイヤの偏摩耗につながります。少なくとも月に一度は空気圧を点検しましょう

 

また、定期的にタイヤのローテーションを行うことは、タイヤを長持ちさせるポイントです。筆者はどのタイヤも、5,000km毎に必ずタイヤローテーションを行なっています

 

画像:TUBELEST

 

タイヤを保管する際は、直射日光を避けて保管をしましょう。紫外線を少しでも避けられれば、タイヤは長持ちする方向になります。

 

また、多くの皆さんはホイール付きでタイヤを保管すると思いますので、画像のように横置き平積みで保管をすると良いでしょう。

 

画像:GOODYEAR

 

この際に、空気圧は適性圧の半分くらいに落としておくと、タイヤの緊張も減り、長持ち効果があるでしょう。装着する際は必ず適正空気圧に戻してから、タイヤを装着してください。

 

タイヤの保管は町のカー用品店やタイヤ専門店、ディーラーなどでも有料で行なっています。専門店に保管をお願いすることも良いでしょう。

 

 

スタッドレスタイヤのレンタル相場が気になる!

近年はスタッドレスタイヤのレンタルができるシステムもあるようです。軽自動車で1万円(2泊3日)、17インチで1.5万円(2泊3日)程度のようです。

 

タイヤはサイズにより価格も大きく異なりますので、あくまで参考値としてください。ただ、装着前後には取り付け店に車両を持ち込む必要があること、それなりの費用がかかります。

 

年に1回、どうしても愛車で雪道を走行しなければならない状況を除いては、正直コストパフォーマンスが良いとは考えていません。

 

 

今回のまとめ

スタッドレスタイヤは雪道を走行するためには非常に便利な装備です。しかし、使用方法を間違えれば事故にもつながるため、しっかりとした知識が必要です。

 

また、少しでもわからないことがあれば、必ず専門店スタッフに相談することをお勧めします。

 

タイヤは安全走行を行う上で非常に重要な部品です。今回ご紹介した内容を参考にしていただき、安全で楽しいスノードライブをお楽しみください。







-グッズ, スキー, スノーボード

Copyright© SUNOBOSS , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.