" />



グッズ スノーボード

スノーボードキッズ用ボードおすすめブランド2019の選び方やレンタル相場も!

更新日:

キッズ用の板(ボード)を探されている方や、初めてお子様にボードを買う方!お子様にボードを買う理由は様々だと思います。この記事ではスノーボードキッズ用ボードの選び方や注意点をご紹介します!

スノーボードキッズ用の板の選び方!

子供用のスノーボード板を選ぶ時に最も重要なこと

子供のスノーボード板の選ぶ際に最も重要なことは、お子さんの年齢を考慮することです。

 

なぜなら、2歳から5歳位のお子様は、基本的な脚力が付いていないからです。言い換えると、体重も軽いので硬くて長いボードを重たく操作することは困難なのです。

 

すぐにサイズアウトしてしまうかもしれませんが、体に合った長さのボードを買うことをおすすめします。

 

それでも、2シーズンは使用できるはずです!子供の成長は早いですからね。

 

他にも、キャンバー、ロッカーとキッズ用のボードには種類があります。大人用は、他にも色々な形状が存在しますがキッズはほぼこの二種類(呼び方は変わりますが)となっています。

 

幼児クラスの初心者の子供はロッカーボードがおすすめ!

店舗で販売している子供用のセット(ボード、ブーツ、バインディング)は大体がロッカーボードです。最初は逆エッジをしてしまう事が多いのでロッカーボードがおすすめです!

 

そもそも「ロッカーボード」とは??一言で言うと、ボードを下に置いて真横から見たときの形状です。ロッカーボードのメリットは「パウダーで浮く」こと。板自体がすでにしなっているので、ターンもジャンプもより少ない力で行うことができ、 脚力のない初心者にはかなり有効な形状なのです!

 

ですが、キッカーやハーフパイプに入れるようになったらロッカーボードは卒業しましょう「エッジが抜ける」という現象が起きてうまく滑れないばかりか、怪我のもとになってしまいます。

 

サイズ的には身長からマイナス10センチで購入してください!

 

小学生クラスの子供はキャンバーボードがおすすめ!

小学生のお子さんには、キャンバーボードをおすすめします。小学生クラスからスノーボードを始める際に、ロッカーボードに最初から乗ってしまうとあまり良くない癖がついてしまうので注意が必要です。

 

スノーボードはエッジを使って滑るのですから、元々はパウダーランの為にノーズとテール(ボードの前後)が浮くように造られたロッカーボードでは綺麗なフォームで滑られなくなってしまいます。サイズ的にはこちらも身長マイナス10センチです。

 

スノーボードキッズ用板のおすすめにブランドや価格も!

それでは、キッズ用の板を選ぶ際に超オススメなスノーボードブランドをご紹介します!

Burton

キッズスノーボードに力を入れているブランドです。セットなど品ぞろえも多く、初めてスノーボードを始めるキッズのことを考えて作られていたり、レベルに合わせてボードも細かく選べます。

SALOMON

ジュニアチームを国内外に持ってキッズの育成に力を入れているブランドです。そのため、スノーボード人口を増やそうと価格も押させているようです。形状も豊富に揃っています。

 

K2 Snowboards

国内ブランドです。大型スポーツ用品店にも数多くあります。キッズボードは軽く操作しやすいものが多くあります。

 

RIDE

キッズボードは少し太めに作られているものが多く、安定感が良く人気があります。

 

YONEX

良く知られたスポーツブランドですね。YONEXは自社で練習用の雪山を持っています。それだけスノーボードに力を入れているので品質は最高の物を作っています。

 

スノーボードキッズ用板のおすすめのモデル!

YONEX STYLE KIDS

パークモデルですが、操作性に優れ、反発力、軽さ、エッジが引っ掛かりにくい形状になっています。形状はフラットキャンバー。乗りごごちはキャンバーに近いのですがロッカーよりになっているので逆エッジの危険を減らしています。価格は約20,000円

 

SALOMON2 THE VILLAIN GROM

こちらは大人モデルをキッズ用に改良したものです。エッジコントロールを安定させたフリーラン、パークで活躍するモデルです。そしてデザインがカッコいい!男の子に人気があります。価格は約30,000円

 

BURTON AFTER SCHOOL SPECIAL BOARD PACKAGE

なんといってもこちらはサイズが80センチからあるので小さいお子さんから乗れる数少ないボードです。ほとんどがバインディングがセットになっているのでコスパもいい!とことんまで軽量にこだわっているので脚力のない小さな女の子でも扱いやすいモデルです。価格は約12,000円

 

RIDE LOWRIDE

サイズが90センチからあるモデルで、ボーイズとなっていますがよく女の子も乗っています。価格が約10,000円程からあるのでとてもコスパがいい!最低限の機能も揃っています。

 

HEAD2 CLOVER JR

女の子用でサイズは120センチからでロッカというキャンバーに近いロッカーになります。なによりデザインがかわいい!!スキー場で目を引くオシャレなボードです。価格は約21,000円

 

SALOMON サロモン GRACE

こちらも女の子向けのボードです。レディースモデルをキッズ用に改良した安定感や操作性に優れ、逆エッジの心配も軽減してくれます。価格は約20,000円

 

CAPITA SCOTT STEVENS MINI

こちらはもうグラフィックがたまらなくカッコいいモデルです。機能性も申し分なくゼロキャンバーで操作性もよく、ダイナミックな滑りになることが期待できるでしょう。価格は約35,000円

 

VANDAL BOARD ヴァンダル

安定したランや回転系の技にも対応しスムーズに技を出すことができます。エッジコントロールも引っ掛かりがなくできます。キャッチフリーとロッカーベースラインを融合させたツインシェイプ価格は約35,000円

 

スノーボードキッズ用ボードのレンタル相場はいくら?

それでも、まだ買うには早いかなと思うかもしれませんね。そこでレンタルの料金もご紹介します。スキー場によって価格は様々ですが、一日平均で5,000円から8,000円位です。

 

他にも、時間貸で、2時間、半日、1日、2日、3日など色々な方法でレンタルできますのでお出かけ前にスキー場のホームページなどをご覧ください。時間や日にちが長い程お得にレンタルできます。

 

レンタルにはボード、バインディング、ブーツの3点セットがあり、このセットが通常となっているようですが、ウェアや小物(グローブ、ゴーグル、ヘルメット)などもレンタルできることがあります。

本日のまとめ

いかかでしたでしょうか?ここまでスノーボードのボードについてご案内させていただきました。ボードに関しては、新作だから良いというわけではありません。

 

前期のモデルと今期のモデルでは造りが違い逆に乗り心地が悪くなってしまう場合もあります。その点に関して子供の方が敏感に気が付くので、新しいボードを始めて乗る際にはよくお子さんと話し合いながら乗りましょう。

 

思わぬ所で引っ掛かって転倒するなんてこともあり得ますので。

 

私の子供も4歳からスノーボードを始めました。その当時は身長よりも長いボードしかありませんでした。しかも、バインディングもサイズが大きい物しかなくで試行錯誤を繰り返していました。

 

4歳は脚力も体重もなく、板の反発を使うというスノーボードで大切な動作ができなくて苦労しました。

 

ですが、今はオリンピックの影響もあり低年齢でスノーボードを始めるお子さんが増えていてスノーボードブランドも将来のオリンピアンの育成に力を入れています。この先成長を続けるであろうスノーボードをぜひお子さんにいかがでしょうか?







-グッズ, スノーボード

Copyright© SUNOBOSS , 2019 All Rights Reserved.