" />



スノーボード ハーフパイプ 選手

冨田せなのスノーボードスポンサーとギア(板,ゴーグル,ヘルメット,グローブ)紹介

更新日:

 

若手が台頭しているスノーボード界。平昌オリンピックに出場し、次の北京オリンピックでもメダルの期待が高まる冨田せな選手。

 

あどけなさが残る19歳の富田選手。そんな彼女のスポンサーや愛用のギアを紹介したいと思います。

 

富田せな wiki情報

本名 冨田せな
種目 スノボード・ハーフパイプ
生年月日 1999年10月5日(19歳)
身長 160㎝
体重 58kg

 

 

冨田せなハーフパイプのスポンサーはどこ?

 

富田選手は、3歳からスノーボードを始め、中学校1年時次にプロ資格を取得後、2018年には平昌オリンピックに出場しています。そんな彼女のスポンサーを紹介したいと思います。

 

板をサポートしている国産ブランド「YONEX」がメインスポンサーだと思われます。

 

 

YOENXは、カーボンテクノロジーに優れており、軽量高反発が売りの国産ブランドです。テニスなどのラケットスポーツのイメージの方が強いかもしれませんが、スノーボード界でも確たる地位を築いています。

 

 

スポンサーがYONEXの選手紹介!

 

YONEXのライダーは他にも、戸塚優斗選手、平野流佳選手、相澤亮選手など国内の若手が揃って利用しています!

 

戸塚優斗選手

 

X GAME では銀メダル、ワールドカップでは2年連続で総合優勝と日本男子ハーフパイプ会を牽引する若手ライダーです。

 

 

 

戸塚選手の過去の怪我の状況や、戦績なども含めて以下の記事で詳細を記載しています↓

 

 

平野流佳選手

 

2018/2019ワールドカップでは、初参戦ながらハープパイプ種目総合2位を獲得するなど、期待の新星です。

 

 

相澤亮選手

 

第25回全日本スキー選手権スロープスタイル2位、ビッグエア2位と国内で活躍するライダーです。

 

 

 

さて、富田選手のスポンサーはYONEXのみではありません。実は他企業ともスポンサー契約を締結しているのです。そのスポンサー一覧をまとめてみました!

 

・YONEX
・SMITH
・Burton
・Columbia

 

まだ、スポンサーの数は少ないですが、どのスポンサーもトップブランドばかり!

 

若干19歳の富田選手。これから世界での活躍が期待できます。スポンサーも増えていきそうですね!

 

 

冨田せな選手のボードを紹介!

 

世界で活躍する、富田選手の滑りを支えるボードのブランドや商品を調べてみました!

 

YONEX

「世界初。全身カーボン。」をキャッチコピーに掲げ、1995年にスノーボード 会に参入。それまでに培った高い技術力をスノーボード に応用し現在に至ります。多くの革新的な新技術は、他のブランドを寄せ付けることなく、業界参入から20年余りの間、YONEXオリジナルの地位を確立しています。

 

軽量高反発を売りに多くのライダーを支えています。富田選手は、SLEEKというモデルを使っているようです。

 

使用モデル SLEEKのスペック

 

サイズ 138・142・146
カラー ライトパープル
構造 STOMP-TECH 3.0+カーボンラウンドチューブ
素材 高強度カーボン+ナノメトリックXT、ISOコア、アラミドハニカム
滑走材 ISO SPEED 7500・ストラクチャー仕上げ

 

富田選手がSLEEKを紹介する動画がありました。

 

 

YONEX愛用選手たち

 

富田選手の他にも以下のような面々がYONEXの愛用者です!

 

・富田るき(せな選手の妹)第25回全日本スキー選手権 スノーボードHP 6位 使用モデル:SLEEK

・青野令 バンクーバー、ソチとオリンピック2大会連続の出場 現日本代表コーチ 使用モデル:REVE

・進藤勝 初代ナショナルデモンストレーター 使用モデル:THURST

 

国内で活躍するトップライダー、が『YONEX』を愛用しているようです!

 

スリーク スノーボード板 19 SLEEKの詳細はこちら↓

 

冨田せなのゴーグルを紹介!

 

パイプ内の雪面コンディションの把握はエアに直結します。常にベストの選択を行うためのマストアイテム、ゴーグルを調べてみました。富田選手は「SMITH」というブランドを使っているようです。

 

SMITH

 

 

 

 

クロマポップという独自のレンズを開発し、山の天候の変化に対応するスノーゴーグルの開発をしています。そこに調光レンズを組み合わせ、レンズを取り替えることなく、天候に合わせたレンズに変化していくゴーグルが人気です。

 

富田選手 使用モデル:Squad

 

Squadは、平面レンズを使用しており、広い視野と装着時のスタイルを重視しているモデル。レンズサイズが大きくなる、SquadXLのラインナップもあります。

 

SMITHゴーグル愛用者

 

富田選手の他にも以下のような面々がSMITHゴーグルの愛用者です!

 

・国武大晃 平昌オリンピック SS・SP 日本代表

・戸塚優斗 平昌オリンピック HP 日本代表

・平岡卓  ソチオリンピック HP 銅メダル

 

 

Smith Squadの詳細はこちら↓

 

 

冨田せなのヘルメットを紹介!

 

次は、ヘルメットの紹介です。ハーフパイプでは、高いエアが高得点につながります。そのため、転倒の危険も高まり競技に参加するためにはヘルメットはマストアイテムになります。

 

富田選手は、ゴーグルと同ブランド、SMITHのMazeというモデルを使っているようです。

 

 

SMITH Maze

 

数あるSMITHのヘルメットのラインナップの中で、このMazeは日本で1、2位の人気のヘルメットです。

 

このヘルメットの特徴は、ヨーロッパの安全基準を満たしているにも関わらず、軽量と低重心をクリアしているモデルです。筆者も愛用していますが、ヘルメットをしていることを忘れるくらい快適です。もちろん、SMITHのゴーグルとの相性は抜群です。

 

SMITH Mazeヘルメットの詳細はこちら↓

SMITH Mazeヘルメット愛用者

 

北京オリンピック銅メダリストの平岡卓選手もSMITHのヘルメットを使用しているようですよ!

 

平岡卓選手についてはこちらの記事でもご紹介しています↓

 

 

 

冨田せなのグローブを紹介!

 

ハーフパイプの競技では、高さと回転数が高得点につながってきますが、もう一つ重要なファクター。エアの醍醐味といっても過言ではない、グラブです。

 

ボードのどこをグラブするか、選手の特徴が表れスタイルにつながってきますね。そのためにはグローブも大きな役割を担ってきます。富田選手のグローブを紹介します。

 

Burton

 

 

言わずと知れた、スノーボードのトップブランド「Burton」です。ミトンタイプのモデルから、5本指セパレートのモデルなど、ユーザーのニーズに応えた様々なモデルがあります。富田選手の使用モデルは、Women's Burton Free Range Mittenだと思われます。

 

Women's Burton Free Range Mitten

 

Women's Burton Free Range Mittenの詳細はこちら↓

 

 

Burtonグローブ愛用者

 

さて、富田選手以外にBurtonグローブの愛用者が気になるところです!

 

・藤森由香 スノーボードX、SS、BA日本代表

・片山来夢 平昌オリンピック HP日本代表

・今井胡桃 平昌オリンピック HP日本代表

 

本日のまとめ!

 

いかがでしょうか。期待の星、冨田せな選手。

 

ハーフパイプは、スノーボードの競技の中でも総合滑走能力が問われる、スノーボードの全てが詰まっている種目です。

 

ギア選びの参考にしてもらえればと思います。







-スノーボード, ハーフパイプ, 選手

Copyright© スポーツVOD動画配信サービスの奨め , 2019 All Rights Reserved.