" />



スキー

シュテムターンの意味や練習方法に滑走方法のコツ!指導動画を紹介!

更新日:

プルークボーゲンでスキーが滑れるようになると、次はある程度の斜度をスキーを平行にして滑りたいもの。ここで使える技術になるのが「シュテムターン」です。

今回は、この用語は何語でどういう意味か?「シュテムターン」の言葉の意味や、練習のコツをご紹介します。

「シュテムターン」は何語?

「Stem turn」(シュテムターン)、は英語で、「ステムターン」と発音することもあるようです。

 

「スキーをハの字に開き出して始動しターン導入に合わせて外スキーに内スキーを引き寄せパラレルにして回る技術のこと」(「日本スキー教程より」)となっています。

 

 

少し斜面を滑れるようになってくると、いよいよスキーを揃えてかっこよく滑りたくなってくるものですが、なかなか難しいですよね。

 

パラレルターンになっていく前段階として、強制的に外スキーをターンに最適な場所に置き、ターンの早い段階から外スキーのカービングでターンをしていく(=舵取りをしていく)技術がシュテムターンです。

 

この結果としてターン後半でスキーが平行になり、パラレルターンに繋がる大事な技術です。そのため、SAJスキー検定2級の種目にもなっています。

 

また、急斜面でパラレルターンが難しい場合にターンを仕掛けていく有効な技術でもあります。

 

シュテムターンをしていくためのステップ

斜度に慣れ、スキーを平行にして斜面を斜めに滑れるようになった段階から、次のターンに入るための補助的な動作でもある「シュテムターン」ですから、大切なステップは主に以下の3点と考えています。

 

①斜滑降をしながら、外脚をしっかり外に出して「プルーク姿勢」を作る
②出した外脚にしっかり荷重をしてターンを始める
③外脚に荷重が乗ってから、内脚を引き寄せる

 

 

それでは順を追って解説しますね。

 

まず①の「外脚をしっかり外に出してプルーク姿勢をつくる」ことですが、斜面を斜め直進方向にすべりながら、ターンを始める際に思い切って外脚(=山側の脚)を外側において「三角形(=ハの字)」を作りましょう

 

この時に大切なのが、斜滑降でプルーク姿勢をしっかり作ることです。外脚や内脚のどちらかに体の重さが乗りすぎることなく、開いて「三角形」を作ったスキーとスキーの真上に乗ることが重要です。

 

よく起こる失敗例は、開き出した外脚(=山側の脚)に極度に乗ってしまうことや、その逆で、外脚を開き出しながらも内脚(=谷側の脚)に乗ったままになってしまうことです。

 

斜面を斜めに滑っているので、当然、体が少し谷側に残るイメージを持ってしまうかもしれませんが、緩斜面でのプルークボーゲンよりスピードが出ていますので、ターンのGに耐える点から、それほど大きく感じないのではないかと思います。

 

普通の技術解説では、この脚の動きばかりに集中してしまいますが、スキーは全身スポーツ、ある程度速度が出せるレベルの技術ですから、ストックの話もしましょう

 

外スキーを外側に置く際に、谷側のストックは突く準備=ストックを前に出しましょう。

 

脚を広げると同時にストックを突く準備をし、ターンのリズムを上半身、下肢ともにつくることで、きれいなシュテムターンになると考えています。

 

続いて②「出した外脚にしっかり荷重をしてターンを始める」段階ですが、ここはプルークボーゲンと同じ、外脚にしっかり乗り、荷重を掛けることが大切です。

 

スキーは重さを乗せて、板をたわませることでターンができるようになります。

 

特に外脚にしっかり乗って板にたわみをつけ、重さとスキー板のしなりを使って、しっかりターンを行いましょう。

 

内スキーに乗る感じが強いことよりは、少しやりすぎかなと思っても外脚に乗ることを強めたほうが安定感は増すと思います。

 

膝、足首をしっかり曲げて、外脚に重さを乗せ(=荷重)、ターンを行っていきましょう。この段階で、プルークボーゲンの「外脚にしっかり乗る」感覚が活きてきます。

 

最後に③「外脚に荷重が乗ってから、内脚を引き寄せる」段階です。ターン中盤から後半に掛けて、いよいよパラレル(=スキーが平行)になるように足を揃えていきます。

 

最初は内脚を引き上げて脚を揃えるのが良いでしょう。

 

横にステップを踏むような感覚です。一時的に外脚一本で滑っている時間が発生しますが、外脚一本で滑っていられるくらい、しっかり外脚に重さが乗せられている(=荷重ができている)ことが必須です。

 

 

ステップ式のシュテム動作に慣れてきたら、内脚を上げて引き寄せることなく、自然と内スキーが近づいてくるように引き寄せれば良いと思います。外脚にしっかり乗ることで内脚に重さが残らず、スーッと内脚が引き寄せられる感覚になるでしょう。

 

なかなかすぐには内脚が近づいてこないと思いますが、焦らずターンをしながらゆっくりと外脚の踵に内脚の踵が引き寄せられるようなイメージを持って、内脚を引き寄せてください。

 

また、この内脚を引き寄せる段階で、谷側にストックを突きましょう。脚を引き寄せながらストックを突く、このタイミングでよいと思います。

 

ストックはあまり遠くに突かず、内スキーのトップの横に突くような、自分から近い位置にストックを突けばよいでしょう。遠くに突こうすると状態が被ってしまい、脚の動きが止まってしまうので注意してください。

 

シュテムターンの「コツ」は焦らず脚を開くことと、ストックワーク

スピードが増し、徐々に複雑な動きが出てくると、どうしても色々な動きを連動させることが難しくなります。「ターンをしていかなきゃ!」と焦ってしまい、一つ一つの動作が急になってしまうのも、失敗してしまうパターンです。

 

シュテムターンのコツは、第一に「焦らないこと」と考えています。

 

斜滑降で滑る時間が少し長めになったとしても、余裕を持ってしっかり外脚を開き基本姿勢の三角形を作る、しっかり外脚に重さを乗せ(=荷重をし)、スキーが回り始めることを感じる、そしてスキーが回り始めたら内脚を引き寄せる、これらの動作を「焦らずに」丁寧に実践しましょう。

 

慣れれば結果的にすばやくこれらの流れをこなすことができるようになります。

 

最初は丁寧に、なれたら少し斜度をきつくしてスピードを上げてゆっくり実践、最終段階で一連の流れを素早く実践してみる、このような3ステップを踏むのが良いでしょう。

 

 

また、スキーのレベルが上がるにつれ、ストックワークも大切です

 

ターンを始めるきっかけとして外スキーを外に置くタイミングを作るためにも、ストックを突きに行くことを、ターンを始めるきっかけにしてみると良いでしょう。

 

「ストックを前に出しながら、外脚を開く」、「ストックを突きながら外脚に乗って内脚を引き寄せる」、こんなイメージで良いと思います。脚の動きだけでなく、ストックワークも一緒に習得することが大切です。

 

シュテムターンが分かりやすい動画をご紹介

筆者がお勧めする動画を以下にご紹介します。参考にして見てくださいね。

 

おさらい(今回のまとめ)

さて、シュテムターンのコツや練習方法をご紹介してきましたが、まとめると次のような感じです。

難易度:初級~中級 急斜面でターンが難しいときには上級者も活用する重要テクニック

※SAJ2級や指導員検定種目になっているので、上級者も技術の確認をしましょう。
①斜滑降をしながら、焦らずに、外脚をしっかり外に出して「プルーク姿勢」を作る
②出した外脚にしっかり荷重をしてターンし始める感覚を掴む
③外脚に荷重が乗ってから、内脚を引き寄せる
④ストックワークも連動させるシュテムターンはより斜度がきつくなってもターンができるための大事な技術です。

スキー上達に向けて、頑張ってください。







-スキー

Copyright© SUNOBOSS , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.