" />



グッズ スノーボード

スノーボードメンズウェアおすすめブランド2019の選び方やレンタルの相場も!

投稿日:

スノーボードを始めるにあたり、ウェアの選び方が分からない方がほとんどではないでしょうか?本記事では、「どこで・どんなものを買うのが良いのか」「いくらぐらいかかるのか」おすすめスノボウェアの情報を紹介します。

スノーボードメンズウェアの選び方や注意点をご紹介!

スノーボードウェアの選ぶ基準は、経験があるほどその嗜好性やジャンル、予算によって複雑化していきますが、
まずは下記のような点に注意してください。

 

注意点
1.機能性
2.ファッション性
3.価格

 

これらを基準として、今のあなたに最適なスノボードウェアを選びましょう。

※ちなみに、毎週滑る人や、雪山に籠もる人は毎シーズン、新しいウェアを買ったりします。

機能性

まず、1の機能性についてです。

スノーボードウェアに求められる機能とは、耐水性と透湿性です。

雪の上を滑るスポーツですから、防水性が高い方が良いということはイメージできると思います。

水を防ぐ性能が低かったら、転倒した際や雪に直接座る際に、すぐに下着までびしょ濡れになってしまいます。

透湿性

次に聞き慣れない透湿性についてです。

ウェアの透湿性はウェア内部で汗をかいた際、水蒸気を外に出す性質のことです。

雨カッパを来て運動したときに、水蒸気がこもってしまい、全身汗まみれになった経験、ありませんか?

ウェアの透湿性が低いとこのような状況になってしまいます。

外気温が0度以下にもなる雪山で、このような状況になってしまったら、簡単に風邪を引いてしまいます。

スノーボードは全身運動です。例えるなら1日中、外で立ち運動をしているようなものですので、そのため、ウェアには透湿性能が求まられるのです。

この耐水性と透湿性ですが、それぞれ数値で表されますが、初心者向けの目安としては耐水性が5,000mm、透湿性が5,000gあれば充分だと思います。

※この数値はウェアの性能値でもありますので、単純に価格にも反映されます。

目安として、両方とも5000以上あればひとまずは十分10,000以上あれば安心、20,000以上あれば山に登る人でも使用するレベルという具合です。

ファッション性

次に2のファッション性についてです。

これはもう、好みでいきましょう。お好きなものをどうぞ。スノーボードウェアにも毎年流行りがあります。

全身細身であったり、ジャケット細身×太めパンツなど、その他には色や、フードのありなしなど、好みのウェアを選びましょう。

あえて普段、街では着ないようなコーディネ―トにするのも特別感があって楽しいと思います。

さて、最後、3の価格についてです。新品上下で1万円〜,中古でしたら上下で5000円〜というのが一定の目安になります。

詳細は次の項目で説明します。

 

スノーボードメンズウェアのおすすめブランドや価格!

VOLCOM/ボルコム

ボルコム(Volcom)は、アメリカのスケートボード、スノーボード、サーフボード(サーフィン)向けファッションブランドで、スノーシーンでも人気があります。

 

quiksilver/クイックシルバー

quiksilver(クイックシルバー)はカリフォルニア州のハンティントンビーチに本拠地があるサーフィンおよびスノーボードブランドで、スノボ界のレジェンド、トラビス・ライスも着用しています。

Dakine/ダカイン

Dakine(ダカイン)は、ハワイ発のサーフ系アクセサリーブランドですが、現在はスノーボ―ドを含め様々なアパレルに展開しています。

コロンビア

コロンビアは米国オレゴン生まれのアウトドアブランドで、比較的低コストでありながら高い品質の製品には定評があります。

BILLABONG/ビラボン

BILLABONG(ビラボン)はオーストラリアのゴールドコーストで生まれたサーフブランドで、現在はスノーボ―ドを含め様々なアパレルに展開しています。

スノーボードメンズウェアのレンタル相場はいくら?

スノーボードをするのは初めて、一回だけしからやらないかもしれないそんな時にはスキー場にあるレンタルセットを利用しましょう。

各種スキー場によって、取扱いブランドや、上級者向けモデルなど、品揃えが異なりますが、スノーボードをするには問題のない製品が揃っています。

 

また、スキー場へ向かう際に、手荷物が減る、というメリットもあります。

金額もスキー場によりことなりますが、おおよそ下記のような価格ですので、目安としてください。

スノボードウェア上下セット1日レンタル おとな¥3,000〜¥5,000。

※スキー場によっては時間制でのレンタルが可能な場所もあります。
※到着が遅れて、リフト券が時間券になった時など、お得に利用できます。

 

本日のまとめ

本日ご紹介したスノーボードウェアを選ぶ際のポイントをまとめます!

1.耐水性&透湿性は5000以上
2.ファッションは好みのものを
3.ウェア買うなら予算は2万円程度(もしお金がなければ中古も探すと良い)
4.買うほどでもないのであればレンタルウェアがお得

以上、スノーボードウェアの選び方、参考になりましたでしょうか?
皆さん怪我のないように楽しんでくださいね。







-グッズ, スノーボード

Copyright© スポーツVOD動画配信サービスの奨め , 2019 All Rights Reserved.