" />



グッズ スノーボード

スノーボードレディースウェアのおすすめブランド2019!選び方やレンタル相場はいくら?

更新日:

スノボウェアを選んでいて、似たようなデザインなのに値段が全く違っていて何がどう違うのか、選び方が分からず迷ってしまうことがあると思います。

 

こちらでは選び方のコツ・おすすめブランド・レンタルの相場はどれ位なのかをご紹介していきます。

 

スノーボードレディース用ウェアの選び方や注意点をご紹介!

レディースウェアを選ぶ時に最も重要なこと

ゲレンデではしっかりと防寒・防水対策が必要です。

 

山の天気は変わりやすく、様々なコンディションを想定し準備することが重要です。その他にもいくつか注意点がありますので、以下の項目を参考にしてください。

 

 

水圧

スノーボードをするにあたって、スキーとは違い、雪の上に座ることが多くなります。ですのでスノボウェアには高い防水性が必須となります。

 

この防水性の強さを「耐水圧」といい、1平方センチ当たりどの位の水圧がかかっても水が染み込まないかを示しています。この耐水圧は最低でも20,000㎜は必要になります。

 

春スノボまで楽しみたい方は、もう少し上の耐水圧を選ぶといいと思います。ちなみにこの耐水圧性は購入時の新品の状態の数値となり、摩擦やクリーニングで徐々に低下していきます。選ぶ際にこのことも考慮しておきましょう。

 

リフトの乗り降りやビンディング装着で、お尻と膝に水が染みてきやすいので、防水スプレーをキチンとしておけば更に安心です。

 

 

細かいところになりますが、ウェアの縫い目のところから水が入りにくくするための防水テープが付いている「シームシーリング加工」がされているものがおススメです。

 

意外と盲点なので、数字だけに惑わされずにこういうところもチェックしましょう。

 

透湿性

スポーツですので着用していると汗でウェアの中が蒸れてきます。ですので水分は通さず、通気しやすい加工がされた「透湿性」の良いものを選びましょう。

 

透湿性は1平方メートルあたり24時間で何グラムの水分を放出するかという基準です。一般的な価格ですと4,000~8,000位ですが、この位で大丈夫です。

 

ベンチレーションという脇の下や太もも内側にあるファスナーで、ウェア内の湿度を調節できるものがあります。多少透湿性が低くてもこの機能があるものは問題ありません。

 

有名なゴアテックスやドライテックなどは大体10,000以上の高い透湿性能がありますが、その分高価になりますのでこの辺は予算と相談して決めると良いでしょう。

 

 

パウダーガード

初心者の方にオススメしたいのが、腰部分のパウダーガードです。ガードとズボンをジッパーで繋ぐことによって、雪の侵入を防ぐ機能です。

 

着脱に手間がかかることと、女性はトイレの際にジッパーを外さなければならないのが難点です。同メーカーのウェア同士でないと接続できないので、注意が必要です。

 

手の部分はハンドゲーターという親指を引っかけて、袖がまくれなくするものがあります。足の部分にもパウダーガードがあると安心です。裾フックが付いているものもあります。

 

 

その他の機能性

スノボは大きく体を動かすことが多いので、普段と同じ大きさのサイズかやや大きめを選ぶと良いでしょう。初心者の場合は、ヒッププロテクターを履くことも考えてお尻まわりと膝まわりに多少ゆとりがあるものを選びましょう。

 

ゲレンデでは降雪や吹雪いたりする可能性があるのでフード付ウェアが良いです。フードアジャスターが付いていると外れにくくなります。ヘルメットを着用する方は、フードに入らない場合も多いのでそこも考慮しておくと良いでしょう。

 

そしてリフト券を収納するチケットホルダー(クリアウィンド)がついているものがおススメです。ウェアのジャケットに付いている機能で、場所は腕や裾の内側に付いています。

 

海外ブランドのものは付いていないことが多いので確認しましょう。

 

ゲレンデではあまりものを持つことができないので、持ち歩くものを想定して、自分にどれ位ポケットが必要かを考えながら選びましょう。

 

スマホや貴重品は内側ポケットでファスナー付きがオススメです。外側ポケットは水濡れや破損の可能性があります。

 

 

スノーボードレディース用ウェアのおすすめブランド2019!

それでは、レディース用ウェアを選ぶ際に超オススメなブランドをご紹介します!ブランドにより特徴も様々です。

 

ROXY(ロキシー)


女の子らしい色合いで、ゲレンデで映える可愛いデザインが多くあります。

機能性もキチンと重視されていて、ウェアの種類が豊富です。

ゲレンデで目立ちたい方は要チェック!

 

ICEPARDAL(アイスパーダル)


サイズ展開が多くされていて、ゆったり目なつくりのものもあります。

機能性も確保されていて、値段もお手頃価格が多くあり

デザインもシンプルから可愛いものまで幅広く選ぶことができます。

 

BILLABONG(ビラボン)

デザインはシンプルな展開が多めですが、細かいところに気配りがしてあり

機能面を重視する人にはおすすめブランドです。

 

BURTON(バートン)

非常にバリエーション豊かでセパレートタイプからつなぎタイプまであり

機能性だけではなく、高いデザイン性もあり人気のブランドです。

ゴアテックス素材を取り入れたり、より使いやすくするための工夫がされています。

 

 

ScoLar(スカラー)


10代後半から20代前半のストリートカジュアル好きな女性をコンセプトにし

レトロな雰囲気の独創的なデザインが中心です。

ストレッチ素材が使われているものもあり、もちろん機能性もバッチリです。

 

Volcom(ボルコム)


コスパ良し、デザインもシンプルでかっこいいものが多く展開されています。

暖かさを提供するローロフト断熱材を採用しており、暖かくなおかつ耐久性が高いのも

嬉しいポイントです。

 

スノーボードレディース用ウェアのレンタル相場はいくら?

でも、いきなり買うのはちょっと…という方へレンタルも一つの手です。ウェアレンタルは大体平均3000円~4000円位が相場になり、時間貸しで半日、1日など選ぶこともできます。

 

規模の大きなスキー場では様々なウェアを置いていますが、スキー場によっては着古されたウェアしかないところもあるようです。特に規模の小さなスキー場は注意が必要です。

 

その他にもツアーに参加して安く済ませる方法もあります。ツアーでレンタル付きオプションを選べる場合があり、そのような場合はレンタル料金が半額以下になることもあります。

 

そのような場合ボードセットとウェアをまとめてレンタルという形が多いです。一度スキー場のホームページをチェックすることをおすすめします。

 

 

本日のまとめ

いかがでしたか?なかなか奥が深くて悩んでしまいますね。初めての方はまずはツアーレンタルで挑戦してみて、その後購入する方法も一つの手です。

 

ブランドの人気デザインのものはシーズンが始まる前から売り切れるものも多いです。機能・デザイン・コスト、色々と見比べて自分の理想なウェアを見つけてみてください。

 

あなたのスノボライフが楽しくなりますように!







-グッズ, スノーボード

Copyright© SUNOBOSS , 2019 All Rights Reserved.