" />



グッズ スキー

スキー用ルーフボックスの選び方におすすめメーカーの比較!洗車はどうする?

更新日:

みなさん、こんにちは。スキー場に向かう高速道路で、屋根に「ルーフボックス」を装着しているクルマを見かけることも多いでしょう。

 

引用:ABE SHOKAI

 

いざ、自分のクルマにルーフボックスを付けてみたいと考えても、どんなサイズを選べばよいのか、どのように取り付ければよいのか、迷うことも多いのがクルマの装備。

 

ルーフボックス愛用歴が長く、クルマへの取り付けも自分で行ってしまう筆者ならではの視点で、ルーフボックスの選び方をご紹介します。

 

ルーフボックスは何のためにある?

ルーフボックスを装着する最大のメリットは、スキー板やスノーボードなど荷物を車外に積載できるため、リアシートやトランクルームに余裕ができることです。

 

一人でも多くの仲間を同乗させることができたり、車中泊をする際に居住スペースをより広く確保できたりするメリットがあります。大物が車内に無いので、トランクルームの整理という観点からも良いでしょう。

 

上級スキーヤーともなれば、一人で2本以上のスキー板を持参する場合もあります。3人で6本、もはやルーフボックスを活用しないと、車内スペースが確保できませんね。

 

筆者は、最大でスキー板を3本を持参することがあります。大回り用、小回り用、指導用 / コブ練習用。レベルが上がるほど、スキー板を使い分けることも多く、持ち運ぶスキー板も多くなりますよね。

 

 

スキー用ルーフボックスの選び方

ルーフボックスも様々なサイズが発売されています。まずは、以下のポイントから、どのような用途で、どのサイズを選ぶべきかを考えてみましょう。

 

ルーフボックス選びのPoint
積載するスキーの長さは最大何cmか?
②積載する本数は何本か
スキー板以外に収納したいものはあるか?
車の全高は何cmに抑えたいか?

 

180cmを超えるロング板を収納するのであれば、ルーフボックスの内寸サイズは全長200cm以上がおススメです。

 

ルーフボックスを装着した際のクルマの全高も重要なポイントです。特に、屋根付き駐車場や立体駐車場にクルマをとめているスキーヤーは注意が必要です。また都心部の立体駐車場は「2.1m」の全高制限があることも多いので注意が必要です。

 

ルーフボックスを装着したのは良いけれど「駐車場に入らない!」なんてことにはならないように注意しましょう。

 

ルーフボックスを装着するには、「ルーフバー」と呼ばれる土台もセットで必要になってきます。車種によってサイズは様々ですから、必ずクルマとの適合を確認してください

 

クルマのことが詳しくなくても、車検証から以下の情報を確認しておきましょう。

 

車検証から確認すべきポイントの例
①メーカー名・車種(例:スバル・フォレスター)
②年式(初度登録年月)(例:平成30年7月)
③型式(例:5BA-SK9)

 

また、屋根に画像のようなルーフレールが装着されているかも確認しておきましょう。ルーフレールの有無で、ルーフバーの形状も異なります。

 

参照:SUBARU

 

これらの情報をもって、カー用品店で確認すれば、クルマに合った適合情報がわかります。

 

 

スキー用ルーフボックスのおススメメーカー!

ルーフボックスを発売しているメーカーは限られており、現在日本で流通しているブランドは主に4つです。その中でも、もっとも有名な3ブランドをご紹介しましょう。

 

長めの板を収納する場合も踏まえて、おススメの型番もご紹介します。

 

PIAA 「Terzo」(ピア・テルッツオ)※日本

以前から日本のルーフボックス系メーカーとして定評のあるブランドで、RVブーム時には国産自動車メーカーの純正アクセサリーにも採用されるなど、信頼度の高い老舗ブランドです。

 

 

「Terzo」の最大特徴は、ボックスの全高が低いモデルをラインナップしていること。そして、一時的に積載量をアップしたいときに、ボックスの高さを上げ積載量を増やせる「フレックス機構」を搭載していることです。

 

駐車場などの制約で車高に制限のあるスキーヤーや、立体駐車場が多く、高さ制限のある駐車場を多用する都市部のスキーヤーには心強いブランドです。

 

 

LOW LYDER FLEX SLIM(EA429)

LOW LYDER FELX SLIM

 

内寸サイズ:220 x 65 x 20cm

 

車高を気にするスキーヤーには特におススメなモデルです。「フレックス機構」を搭載し、簡単な作業でカバーを5cmアップさせることが可能、最大70リットルも容量を拡大することができるのです。

 

 

筆者も屋根付き駐車場にクルマを泊めている関係上、このモデルを愛用しています。

 

また、以前のモデルとは異なり「スプリングダンパー」を採用することで、経年劣化によるダンパーの圧力低下がなくなりました。重みで勝手にフタが閉まる心配もなくなったのは良い改良点です。

 

フラットなスッキリしたデザインで、どのようなクルマにも合うユニバーサルなデザインといえるでしょう。ネットからでも購入可能なようです!

 

 

SYMMETRICK AERO(EA510)

SYMMETRICK AERO(EA510)

内寸:190 x 78 x 25

 

Terzoが新たなデザインとして発売したモデルです。著名デザイナーによる独特な形状は、エレガントさを醸し出し、輸入車にもマッチする、まさにシンプルで上質なルーフボックスといえます。

 

「THULE」(スーリー)※スウェーデン

輸入車オーナーに人気の舶来ブランドが「THULE」です。老舗ブランドであり、世界最大級のルーフボックス系ブランドといえるでしょう。

品質、デザイン、機能性、どれをとってもハイパフォーマンスであり、まさに高級ルーフボックスといえます。その分、値段も高めに設定されていることがネックです。

 

Motion XT Alpine

Motion XT Alpine

 

内寸:222 x 85 x 3cm

 

全長の長いスキー板を入れるなら、「TUHLE」ブランドであればこのモデルがおススメです。何よりもエレガントなデザイン、空力もしっかりされておりカッコいいです。

 

全幅も大きく、薄型ながら収納量も大きいのが特徴です。

 

 

CARMATE「INNO」(カーメイト・イノー)※日本

日本のカーアクセサリーメーカーであるCARMATEから発売されているブランドが「INNO」です。意外と歴史も長いのですが、純正アクセサリーとしての採用が少なかったので、どちらかといえばエコノミーモデルの印象があります。

 

 

しかし、近年では海外ロードバイクチームのオフィシャルキャリーとして採用されており、フィッシング系室内キャリアでは独特な製品を発売するなど、非常に優れた製品を発売し、人気が出ています。

 

デザインにも力を入れており、流れるようなシェイプのルーフボックスは、輸入車に装着しても謙遜のない見栄えです。これでコストパフォーマンスに優れている点は素晴らしいといえます。

 

WEDGE 660(BRS660)

WEDGE 660(BSR660)

 

内寸長:183cm

 

「INNO」の中でデザインにこだわっているルーフボックスといえます。エアロを感じさせるデザインは、輸入車に装着してもエレガントさを感じさせます。ドアハンドルにもメッキを施すなど質感も高めています。

 

この質感と装備でコストパフォーマンスが優れている点が「INNO」の特徴といえます

 

 

ガソリンスタンドで洗車はどうする?

ルーフボックスを装着した場合、対処に迷うのが洗車の方法です。最近はセルフ式ガソリンスタンドが増え、洗車もセルフ形式が多くなりましたね。

 

ルーフボックスを装着している場合、機械式洗車機は使うことが難しくなります。これは、突起物扱いで、洗車機がクルマの形状を認識することが難しくなるためです。

 

では、洗車を行う場合はどのようにすればよいのでしょうか?

 

 

基本的には「手洗い洗車」でお願いすることになります手洗いの場合、高圧洗車で車体を洗い流し、手でブラッシングをしていきますので、どんなボディ形状でも基本的には洗車が可能です。

 

ただ、機械式の全自動洗車と違い、スタッフの手間がかかってしまうので、水洗い洗車とはいえ、割高ではあります。

 

しかし、機会洗車はブラシをどんどん車体に当ててボディを洗っていきますので、「細かな傷をつけたくない」と、手洗い洗車を好む方も多くいます。割高といっても、劇的に高いわけではありません。

 

もちろん、洗車場を活用して自分で洗車をすることも良いと思います。ただ、スキーシーズン中は水も冷たいので、ガソリンスタンドや洗車サービスにお任せするのが良いでしょう。

 

 

本日のまとめ

本日はスキー用ルーフボックスについておすすめブランドや洗車のHow toや注意点についてご紹介しました!本記事を要約すると以下のようになります。

 

本記事の要約
積載するスキーの長さや収納物を確認する
②ルーフボックス装着時の全高を確認する
③車検証で車の情報を確認し、適合を確認する。
④洗車は手洗いで。機械式洗車機は無理。

 

ルーフボックスは便利な積載ギアです。収納容量や洗車時の注意点などを抑えて、自分に合ったルーフボックスを探してみてください。







-グッズ, スキー

Copyright© SUNOBOSS , 2019 All Rights Reserved.