" />



グッズ

スノーボードキッズ用ヘルメットおすすめブランド2019の選び方やレンタル相場!

更新日:

スノーボードをするときには、安全を考えてヘルメットの着用が必須です。

 

今回は特に、大切なお子様を守る「キッズ用ヘルメット」について、ブランドや安全を優先した選び方やレンタルの相場をご紹介いたします!

 

スノーボードキッズ用のヘルメットの選び方! 

子供用のヘルメットの選び方!

子供用のヘルメットを選ぶときに重要なのは、頭のサイズに合わせたものをきちんと選ぶことです。頭のサイズに合っていないものを選ぶと、外れてしまったり、ずれてしまったりして、安全面が確保されません。

 

お子様の頭のサイズは、年々変化しますので、ウィンタースポーツのシーズンが始まるときには、昨年のヘルメットが使えるかどうか、毎年きちんとチェックすることが大切です。

 

 

また、お子様が使用することを考えると、重さにも気を付けて選びたいです。一日、スノーボードをしながら被っているので、重量が重くお子様が疲れてしまうような重さのものはNGです。重すぎると安全面でも不安となります。

 

そして最も大切なのが、安全面の規格です。日本では現在規格がありませんが、アメリカでは「ASTM」、ヨーロッパでは「CE」というヘルメットの安全規格があるので、これらのマークがあるかどうか確認すして購入するようにしましょう。

 

 

子供用のヘルメットの選ぶ時の注意点!

子供用のヘルメットを選ぶ時には、サイズやフィット感をしっかり確認するため、実店舗で試着して購入するのが一番だと思います。

 

しかし、やはりネットの方が安く種類も豊富。ネットで購入しようと思うことも多いと思います。ネットで子供用ヘルメットを選ぶときの注意点をご紹介します。

 

ネットで購入する場合、試着ができないため、お家で頭のサイズを測り、お子様の頭に合ったものを購入しましょう。

 

 

頭のサイズの測り方は、各メーカーによって若干ことなっています。商品ページやメーカーのページから頭のサイズの測り方(図などで記載があるとなおいいです)に従って測りましょう。

 

ネットの商品ページには、サイズ、重量、その他の機能など詳細に書かれていますので、お子様に合うものかどうか、しっかり数値を見るようにしてください。

 

また、今後成長することを考えると、サイズを調節する機能のついたものを選ぶ方法もあります。

 

ダイヤルを回して、頭部周りのゆるみが調整できるタイプのスノーボード用ヘルメットもあるため、サイズに不安があるとき、長いシーズン利用したいときなどは、調整機能のあるヘルメットを購入しましょう。

 

 

スノーボードキッズ用ヘルメットのおすすめブランド2019!

Poc

Poc(ポック)は、スウェーデンのブランドです。

 

 

アスリートを重大事故から全力で守るため、様々な素材の開発や構造の特許を取得するなど、研究開発を重ねています。

 

キッズ用のスノーボードヘルメットは、カラフルな色合いがそろっていて、ゲレンデでは目立つことで安全性も高くなります。

 

 

Roxy

Roxy(ロキシー)は、アメリカのQuiksilver(クイックシルバー)から立ち上げられた若いレディース向けのブランドです。

 

 

ロゴがハートマークのような形となり、若い女性や女の子に人気です

 

キッズ用のスノーボードヘルメットのラインナップも柄がかわいらしいものや、ゴーグルとセットでコーディネイトできるものなど個性的なものが手に入ります。

 

 

Rossignol

Rossignol(ロシニョール)は、フランスで100年程前からスキー用品の製造を始めた老舗のブランドです。

 

 

日本でもスキー道具の一流メーカーの一つとして長年認められてきました。現在では、長年スキー用品開発の経験に基づき、スノーボードやグッズなどウィンタースポーツ全般の製品を幅広く展開しています。

 

 

SWANS

SWANS(スワンズ)は、明治創業の日本の会社です。

 

 

日本人にフィットする商品を探すことができます。ゴーグルでも有名なブランドですので、ヘルメットとゴーグルを揃えることができます。

 

HEAD

HEAD(ヘッド)は、アメリカ発のブランドでメタルスキーの開発から始まります。1

 

 

950年創業で、2000年からスノーボード市場にも参入しました。初級者から上級者までが愛用できる幅広いラインナップをそろえているのも魅力です。

 

スノーボードキッズ用おすすめヘルメットはこちら!

Poc Pocito Fornix

子供用の多機能ヘルメットです。頭頂部は、片手で簡単に通気性を確保することができるベンチレーションがあり、多く運動をし、汗をかいたときなど、すぐに通気性を確保できる仕組みとなっています。

 

また、後頭部にはサイズ調節用のつまみがあり、成長に合わせて調節することができます。価格は約11,000円

 

 

Roxy Happyland

こちらは女の子用のピンクのヘルメットです。サイドとバックにお花のような雪の結晶のような模様がちらばり、とてもかわいいです。

 

ヘルメット内部は、メッシュとフリースでできているため、温かさと快適性に優れています。価格は約4,000円

 

 

Rossignol Visor Jr

ヘルメットにゴーグルが統合されています。ワンタッチで上下に開閉できるゴーグル付きなので、お子様でも扱いがとても楽です。

 

ヘルメットには、ダイヤル式のサイズクイック調整機能が付いています。また、内部パッドの取り外し洗浄もできるので清潔さも◎。価格は約12,000円

 

スノーボードジュニアヘルメット18-19ROSSIGNOL VISOR-DUAL LENSE-BLACK

 

SWANSジュニアヘルメットH-41 GBK

へルメットは、キッズや女性にやさしい軽量モデルとなっています。ダイヤル式のサイズクイック調整機能が付いています。

 

また、あご紐は、グローブをはめたままでも着脱しやすいように特殊なマグネット式になっていて、キッズに優しい構造となっています。価格は約6,500円

 

 

HEADヘルメット NAJA WH

柔らかい素材でできたインナー、取り外しが可能となっているイヤーパッド、通気性のよい構造などキッズに快適さを与えます。

 

白色のヘルメットは、どんな色のウェアーにも合わせやすいです。価格は約4,000円

 

 

スノーボードキッズ用ヘルメットのレンタル相場はいくら?

安全面を考えるとヘルメットは必需品だと思っていても、まだ買うほどにはスノーボードに行かないし、どうしようかなと悩む場合もあるかもしれません。そこで、レンタルの料金もご紹介します。

 

キッズの場合、レンタルショップによっては、スノーボード道具一式にヘルメットも含まれている場合があるので、「一式」で借りる場合は、含まれているか、含まれていないかしっかり確認してから、ヘルメット単品のレンタルを申し込みましょう。

 

ヘルメット単体のレンタル相場は、300円~1,000円程度が多いようです。お子様の安全面を考えると、帽子ではなくヘルメットを購入またはレンタルして万全の準備でスノーボードを楽しんでください。

 

参考にしたレンタル会社は、エイブル Hakuba GORYU ,HEADスポーツステーション白馬です。

 

 

本日のまとめ

今回の記事が、スノーボード時のヘルメットの重要さを考えるきっかけとして頂けるとうれしいです。お子様の安全面の確保は、お子様だけではできないため、保護者の方が真剣に考えてあげてほしいです。

 

以前は、スキー場のキッズといえば毛糸の帽子が多くみられましたが、安全面の意識が向上したためでしょうか、現在では、スノーボードやスキーをする多くのキッズがヘルメットを着用しています。

 

周りのみんなも被っているため、お子様も抵抗なくヘルメットを着用してくれると思います。

 

また、そのようは時代の流れに、ブランドもキッズヘルメットの商品展開を増やしてきています。

 

様々な機能の他、女の子向け、男の子向けなどかわいらしいもの、かっこいいものなどたくさんの商品の中から自分に合ったものを選ぶことができるようになっています。

 

楽しみながら、お子様とスノーボードのヘルメットを選んでみてくださいね。







-グッズ

Copyright© SUNOBOSS , 2019 All Rights Reserved.