" />



グッズ スノーボード

スノーボードキッズ用プロテクターおすすめブランド2019の選び方やレンタル相場!

更新日:

スノーボードをされる方には必需品となるプロテクター。

 

今回は、プロテクターの中でも大切なお子様を守るキッズ用プロテクターについて、安全面を考えてどのようなタイプが必要なのか、また、その選び方や注意点をご紹介します!

 

スノーボードキッズ用プロテクターの選び方や注意点をご紹介! 

子供用のプロテクターの選び方!

スノーボードキッズのプロテクターにはさまざまな部分を保護するものがあります。その中でも、絶対必要となるものは、まずはヒップサポーターやヒップパッドだと言われています。

 

スノーボードはスキーとは異なり、ゲレンデで雪の上に座ることが多くあります。そのため慣れないうちは、お尻を打つこともあり、ヒップの保護は重要と言われています!特に初心者のかたは必需品です!

 

ヒップサポーターには、タイツと一体型となっているもの、短パンのような形のもの、パッドだけのものなど様々なものがあり、お子様に合わせて、ずれにくく装着しやすいものを選ぶ必要があります。

 

また、ヒップサポーター以外にも、ボディーサポーター肘やひざのサポーター手首のサポーターなどは、お子様のスノーボードの上達具合の合わせて必要かどうかを見極める必要があると思います。

 

 

子供用のプロテクターの選ぶ時の注意点!

子供用のプロテクターを選ぶ時に最も注意しなければならない点は、その動きを妨げないものを選ぶことです!

 

スノーボードという運動をする訳ですから、いくらパッドが厚い方が安全そうに見えても、運動がしにくくなっては逆に怪我につながってしまう可能性が出てきます。

 

体にフィットするサイズでズレないもの、そして、衝撃吸収の能力が備わっている素材が使われていることなどが重要です!

 

 

そして、選択する際はプロテクターの素材にも注目した方が良いです!

 

パッド部分の素材には何が使われているか、検索して情報を得てから選ぶことをおすすめします。

 

また、お子様は、ゲレンデで休憩をとったり、トイレに行ったりとウェアーを脱ぐ機会も多いと思います。

 

トイレで着脱しやすいか、上着を脱いだ時、ごっついプロテクターがそのまま露見していてファッション的に?とならないかなどを考慮して購入することをオススメします!

 

 

スノーボードキッズ用プロテクターのおすすめブランド2019!

それでは、スノーボードキッズ用プロテクターおすすめのブランドをご紹介します!

 

Dainese(ダイネーゼ)

イタリアで1970年代に生まれた老舗のブランドです。

 

 

モーターサイクルに始まり、ダイナミックなスポーツを楽しむ人々に向けて、体を守るプロテクターを広く展開してきました。長年の商品開発に基づいているため、商品の信頼性は高いです。

 

PONTAPES(ポンタぺス)

PONTAPESは、OC STYLEが運営するブランドで必要なものをお値打ちに手に入れたい人にはもってこいのブランドです。

 

 

プロテクターなど外から見えない部分ですので、機能さえしっかりしていれば、ブランド名にはこだわらないという人にも最適です。

 

SAFTY BIBLE

アルペングループが展開する安全機能の商品を取りそろえたブランドです。

 

 

大手量販店でも、アルペングループネット通販でも数多くの取り扱いがあり、入手のしやすさ、価格のお値打ちさが魅力です。

 

どれもプロテクターを購入する上では捨てがたき選択肢になりそうですね!体をがっちり守り、翌日の尻餅痛などを緩和してくれると評判のブランドたちです!

 

 

スノーボードキッズ用おすすめプロテクターはこちら!

ここからはスノーボードキッズ用おすすめプロテクターをいくつかご紹介します!かなりお買い得感も感じられると思いますよ。

 

PONTAPES(ポンタぺス) ロングヒップパッド  PJR-16 ジュニア

足首までのタイツとパッドが一体型になったタイプです。

 

伸縮性にすぐれ、また、2種類のパッドが衝撃を分散吸収します。お尻部分だけでなく、腰部、膝部にもパットが入り、これ1着で下半身の多くの部分をサポートできます。価格は約2,500円

 

 

SAFTY BIBLE ショートヒッププロテクタージュニア SB-1466

アルペンブランドのヒッププロテクターです。軽量に設計されており、丈も短め。

 

お手持ちのタイツの上からでも装着できます。フィット感も◎価格も◎。120cm、135cm、150cmと3サイズ展開されています。価格は約2,000円

 

 

Dainese FLexagon

最近では、上半身のプロテクターも人気です。特に大切なお子様の脊髄を守るバックプロテクターの商品展開が増えています。

 

このDaineseのベストは、ヘキサゴン型で開発されたプロテクト素材でキッズの大切な背中を守ります。

 

 

スノーボードキッズ用プロテクターのレンタル相場はいくら?

結論から言うと、板やブーツ、小物のレンタルはあっても、プロテクターやパッドのレンタルがあるところはほとんど見つかりませんでした。

 

「スノーボードに回数行けないし、プロテクターも現地でレンタルしよう。」と安易に考えているととても困ったことになります。

 

レンタルショップによっては、「プロテクターやその他小物については、事前にお電話やメールにてお問合せください。」

 

という言葉をひとこと添えている場合もありましたが、サイズが合うかどうか、現地に行ってから、これではちょっと…となっても間に合いません。

 

キッズ用のプロテクターのレンタルはほぼないものと思い、お値段がお値打ちで機能がよさそうなものを準備してからゲレンデへ出かけることをおすすめします。

 

 

本日のまとめ

いかかでしたか?スノボのキッズ用プロテクタは、たくさんの種類があります。お子様の安全を考えて、一人ひとりのレベル、技術や体格に合わせたものを考える必要があります。

 

たくさんの種類、サイズから、保護者の方が十分検討して用意あげてほしいと思います。

 

お子様からみると、なんだか大げさなものに感じられるプロテクターですが、その大切さや必要性をわかりやすくお子様にお話して、一緒によいものを探してあげてください。

 

ゲレンデは楽しむ場所ですが、何があるかはわかりません。万一の場合にも「プロテクターをしていてよかったね。」となることを思い浮かべてプロテクターの準備をしましょう!







-グッズ, スノーボード

Copyright© スポーツVOD動画配信サービスの奨め , 2019 All Rights Reserved.